マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~9人
  • 10分~20分
  • 10歳~
  • 2019年~

メンタル・ブロックスむっちりグミミさんのレビュー

110
名に参考にされています
2020年05月31日 11時03分

与えられたヒントカードをもとに制限時間内に協力して正解の図形を完成させるというボードゲームです。
カードは両面プリントされており裏表合わせてお題が60題作られています、1題ごとに図形A-Hまでの8枚のヒントと1枚の図形の答えがあります。(潜む裏切り者ルールで遊ぶ場合は答えカードもプレイカードになります)

このボードゲームは潜む裏切り者ルールが人気なのですが、それをするためには5人以上プレイヤーが必要なので集め辛いと思います。(潜む裏切り者ルールについては後記します)

また、このゲームはプレイヤー人数が少なくなればなるほどに1枚1枚のヒントが重要になっているのですが「C12-B」「F21-F」「F30-E」のカードはエラッタ報告(情報に誤りがある)があがっており、私もそれを確認しております。

このゲームをプレイするにあたって上記3枚のカードは修正済みのデータがありますので、「Mental Blocks Version 1 Errata Print and Play Cards」と検索して一番上に出てきたサイトからプリントアウトして差し替え、もしくは使用禁止にして下さい。何も対策をしないまま放置した場合、仲が悪くなる危険性があります(答えが永遠に合わずに揉めるので)

それさえ理解して修正するなり対策していれば最高に面白いゲームです
また、より最高に楽しむためのアイテムとしてブロックは板の上(台座)に乗せるのをオススメします
そうすれば板を回転させることで形を崩さずあらゆる方向の図形が確認できます、特に二人プレイの場合はほぼ必須レベルだと感じました。また、慣れてきても縛りルールカードを使えば同じ問題でも難易度を上げることができ、難易度の調整が効きます。

さて、上記にも触れました潜む裏切り者ルールについてですが、このゲームは協力ゲームで全員が1つの答えに向かって図形を完成させていくのですが潜む裏切り者ルールの場合のみ「裏切り者」がプレイヤーの中からランダムで選ばれます。カードをめくるまで誰が裏切り者かわからないのですがめくったカードに書かれていた図形が答えの図形カードであったなら。その人が裏切り者となります。

裏切り者は図形を完成させないようにプレイヤーに紛れ込み、制限時間オーバーを目指します。
正規プレイヤーは誰が裏切り者かわかったら投票することを提示して、過半数の同意を得たら一斉に裏切り者だと思うプレイヤーを指差します(指を差すのが嫌ならホワイトボードか何かに名前を書くでもいいと思います)

その時に一番多く疑われた人が 本当に裏切り者であったなら。裏切り者は敗北。
裏切り者でないプレイヤーが選ばれたら、裏切り者は勝利となり協力プレイをしつつも他人を疑って図形を完成させていく楽しさがそこにはあります、また自分も疑われているので、変なブロックを置こうものなら「お前が裏切り者か」なんてことも言われてヒヤヒヤします。

しかしこのボードゲーム、2~9人プレイ可能ですが4人が一番難易度が高く、2人が一番協力ゲームをやっているなという感覚を味わえるので、是非少人数プレイが多い方々も手にとってプレイしていただきたい。

2人プレイの場合はなんと四方向からしか見れず、手がかりは高さと幅と色のみです。4方向のうち3方向の情報が各プレイヤーに与えられ(共通公開カードが2枚なので手持ちヒントカード1枚+2で3)それを元に10分以内に図形を完成させます。

四人の場合は各自ある方向からみた情報1枚だけが与えられるので難易度は一番高いです。

逆に5人以上になると図形そのもの(色なし3D図形情報)が得られるため4人以下と比べると難易度はかなり下がります。
ただその分、制限時間は短いのでバランスは取れていると感じました。


ここまで長文を書けばこのボードゲームをどれだけ私が気に入ったのか伝わったかと思います
これまでの説明を読んで面白そうだなと感じたのであれば、是非プレイしてください。

最後に

ストレスなくプレイするためにこのボードゲームの所有者は各カードをスリーブに入れて、問題ごとに100均のチャック突き袋に入れ、正解カードは黒スリーブに入れて、1~30問あるので この袋は①の問題、この袋は②の問題とわかるようにしておくと とてもスムーズにプレイできます。正解カードを黒スリーブに入れる理由は4人以下でプレイした場合。正解図形を除外しなければならないのですがチラっとでも正解図形を見てしまったら興醒めしてしまうからです。

オススメです。

3
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Ryos-p
  • Xです 2-3
  • まーく。
メンタル・ブロックス
メンタル・ブロックスの通販
位置について、用意、パズル!
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 6,160(税込)
むっちりグミミさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 44興味あり
  • 82経験あり
  • 21お気に入り
  • 73持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルメンタル・ブロックス
原題・英題表記Mental Blocks
参加人数2人~9人(10分~20分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿