マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 15分~60分
  • 8歳~
  • 2019年~

マーゴット四十万五十六さんのルール/インスト

161
名に参考にされています
2019年12月09日 21時15分

・準備

プレイヤーの準備:全員にカードリスト1枚と妖精カードを2枚づつ配ります。プレイヤーは妖精カードのうち1枚を選び手札とします。手札はオープン情報で表にして置きます。残った方の妖精カードはゲームから除外されます。

勝利点ボードを置き、選んだ妖精に書かれた勝利点の場所に自分の色(カードリストの色)のコマを置きます。

妖精の準備:『花の妖精』の山札は表向きで起きます。通常の『妖精』の山札はシャッフルして伏せて置き、上から3枚をオープンにしてサプライ(救出可能な妖精)として並べておきます。サプライの中から救助がされた場合、随時山札から補充し、常に3枚並べておきます。

妖精はそれぞれ特殊能力と、救出コストが設定されています。特殊能力はカードに記載されています。救出コストは『その妖精を救出するために必要なコストの色』が3個設定されています。

城の準備:『人間の城』『魔女の城』をそれぞれシャッフルして、山札として伏せて置きます。

(城の山札には大別して『おとぎ話(救出コスト)』と『敵(ダメージ)』のカードが入っています)


・手番進行

手番プレイヤーはライフ5点を持ち、以下の行動ができます。

探索:城カードを1枚めくります。『人間の城』と『魔女の城』のどちらからでもOKですし、2枚目以降をめくる場合は別の城に行ってもかまいません。

ここで『おとぎ話』を引くことができれば、妖精救出のためのコストとして使用できます(後述『救出フェイズ』)。

めくったカードが敵だった場合、記載されている点数分のダメージを受けます。受けたダメージがライフを上回るとペナルティを受けます(後述『ペナルティについて』)。

探索は1手番中、何度でも行えます。

休憩:ここまでにめくった敵カードを無効化します。無効化したカードは上下にずらすなどして、そうとわかるようにしましょう(無効化したカードは復活する可能性がありますので注意が必要です)。

休憩は1手番に1回しかできません。

妖精カードの使用:手元にある妖精カードの効果を使用します。1手番中、1枚につき1回まで。何枚でも使用できます。

撤退:探索をやめて、次の『救助フェイズ』に入ります。


救助フェイズ

探索で引いた『おとぎ話』をコストとして、サプライか『花の妖精』を救助できます。救助は1手番につき1回までです。

『おとぎ話』には色があり、妖精カードにかかれているコスト(3個)を支払えば、その妖精を救出できます。妖精カードに書かれた点数分の勝利点を得ることが出来ます。コストが足りない場合でも『花の妖精』は救助できます。

また救助した後にコストが余っている場合、コスト2点につき1勝利点を得ることができます(能動的に他プレイヤーと点差をつけることができる唯一の方法です)。


ペナルティについて

探索でライフ以上のダメージを受けた場合は、以下のペナルティを受けます。

1.『おとぎ話』カードを1枚無効化する

2.他のプレイヤー全員が勝利点1点を獲得する

3.手番を強制終了し救助フェイズに移る

(コストが足りなくても『花の妖精』は救助できます)


・ゲーム終了条件

1.プレイヤーの誰かが勝利点24点を獲得する

2.『花の妖精』の山札が無くなる

3.全プレイヤーが妖精6枚を所持している状態になる(全員が手番を5回行う)

上記のどれかが達成された場合、そこでゲームが終了し、勝利点が一番高いプレイヤーが勝利します。2人以上が同点の場合は、その全員が勝利します。


・その他の楽しみ方

美麗な妖精カードをじっくりと愛でましょう。


1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 黄金マリー
四十万五十六さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 19興味あり
  • 27経験あり
  • 10お気に入り
  • 61持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルマーゴット
原題・英題表記Margot
参加人数1人~4人(15分~60分)
対象年齢8歳から
発売時期2019年~
参考価格2,600円
クレジット
ゲームデザインEINO
アートワーク旧都なぎけむ山
関連企業/団体ドミナゲームズ(Domina Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

四十万五十六さんの投稿

会員の新しい投稿