マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 45分~55分
  • 10歳~
  • 1993年~

アーサー王の円卓白州さんのレビュー

908名
0名
0
約1ヶ月前
レーティングが非公開に設定されたユーザー

5/10

1993年カードゲーム賞7位のトリックテイキング+レース作品(ちなみに同年のアラカルトカードゲーム賞1位は、名作トリテのシュティッヒルン)。

基本はマストフォローで、とったトリックの数だけ進むことができる。

最初は切り札が決まっておらず、一番最初に剣のマスに到達した人が切り札を決めることができる。

スートが全部で6個あり、更新される切り札は必ず最強になるので、最初は強かったスートが最後は最弱になったりするのが面白い。

このゲームの特徴が、1つのマスには1つのコマしか入れないという点。

そのため、1人でガンガン進むより2〜3人でうまくトリックの数を調整しながら進む方が早かったりして、そこらへんの読みあいが独特。最後にいつ出し抜いてゴールしてやろうかみたいなのも良い(笑)

トリックテイキングはあんまり好きではないのだが、トリックテイキング+レースは基本、トリックテイキングがシンプルなものが多いので、キャニオンやらスプリングラリーやら数は少ないものの変態トリックテイキングよりは全然好きなのだが、このゲームは、いかんせん運が強すぎる(笑)

手札が弱すぎるとお話にならず、一度離されると1人でおいかけても団子のチームには追いつけないので、1990年代特有の弱者救済が一切ないルールの中でも、かなりしんどい部類に入る。

トリックテイキング+レースとしては評価6ぐらいだが、弱者救済のないルール(一般的には好きなくらいだが)がエゲツなく、推奨プレイ人数のMAX6人で遊ぶと、多分、高確率で誰かがそうなるし、運だから避けようがない点を考慮すると−1かな。

あんまり基本ルール変えて遊ぶことはないのだが、あまりにもエゲつなかったので、もし、やるなら、ビリは1トリック2マス進めるとか、ローカルルールつくってやったほうがいいかも。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
白州
白州
シェアする
  • 6興味あり
  • 12経験あり
  • 2お気に入り
  • 9持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

白州さんの投稿

会員の新しい投稿