マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 50分~60分
  • 12歳~
  • 2000年~

王と枢機卿atsさんのルール/インスト

279
名に参考にされています
2016年10月26日 23時36分

12世紀のヨーロッパを舞台に、自分の宗派を各国に広げていきヨーロッパ全土で影響力を高めていくゲームです。

ブログで図入りのサマリーを公開しています。
http://ats0101.tumblr.com/post/151481073443 


ゲームの準備

  1. 人数に応じて地域カードを除外します。4人プレイの場合は各色(5色)1枚ずつ、3人プレイの場合は各色(5色)2枚ずつ除外します。
  2. 地域カードをシャッフルしたあと各プレイヤーに裏向きで3枚ずつ配り、残りは山札とします。
  3. 山札から2枚公開し、山札の横に並べます。


ゲームの進行

スタートプレイヤーから時計回りに手番(カード使用、コマ配置、カード補充)を行います。

山札が1度尽きたら中間決算を行います。再度山札を作ってもう1度尽きたら、最終プレイヤーまで手番を行ったあと最終決算を行います。

最も得点の高いプレイヤーの勝利です。

手番

まず、以下の(A)または(B)を行います。

  (A)地域カードを出して修道院コマまたは枢機卿コマを配置

   この時、以下のルールに従って配置します。

   ・地域カード1枚で、その色に対応した国に修道院または枢機卿を1つ配置できます。
    修道院はボード上の建物の上に、枢機卿は地域の紋章の上に置きます。

   ・同色の地域カード2枚で、他色の1枚として代用できます(ジョーカー扱い)。

   ・1手番で置けるのは1地域のみです。2地域に置くことはできません。

   ・修道院(自他問わず)がまだない地域には、手番に1個だけしか置けません。

   ・修道院(自他問わず)が既にある地域には、手番に2個まで置けます。
    修道院と枢機卿を1つずつ置くことも可能です。

   ・枢機卿は、その地域の最多の色の修道院数までしか置けません。
    例えば、ある地域の修道院数が赤3、青2、白1なら3つまでです。
    自分の修道院がその地域になくても構いません。

   (B)カードを1枚捨てて補充

その後、

  1. 手札が3枚になるまで、公開済みの地域カード2枚または山札から補充します。

  2. 公開済みの地域カードが2枚になるように、山札からめくって公開します。


中間決算

1回目に山札が尽きたら、その場で手番を中断します。そして、9地域でそれぞれ修道院の数が多い順に、その順位に応じた点数を獲得します。

 1位: 地域の全修道院数(自他問わず)=獲得する点数

 2位:  〃 1位プレイヤーの修道院数=獲得する点数

 3位:  〃 2位        〃

 4位:  〃 3位        〃

 5位:  〃 4位        〃

複数のプレイヤーが同数だった場合は、全員その順位になり、次点は1つ下の順位になります。
(例) 1位が2人いた場合3人目は2位扱い

自分の修道院がない地域は0点です。また、中間決算では枢機卿の点数はありません。

得点計算後、

  1. 公開済みの場の地域カードはそのままに、捨て札をシャッフルして再び山札にします。
  2. 中断時のプレイヤーは、手札が3枚になるよう補充します。
  3. 公開済みのカードが2枚になるよう、山札から公開します。


最終決算

2回目に山札が尽きたら、そのままゲームを続け、最後のプレイヤーの手番が終了したらゲーム終了です。

中間決算時の点数に以下の点数を全て加算して最も得点の高いプレイヤーの勝利です。

(1)修道院

 中間決算と同様の方法で点数を獲得します。

(2)同盟

 ボードに書かれた[1]~[15]についてそれぞれで点数を計算します。
 (数字は順番に計算するためだけの便宜上の数字で大小に意味はありません)

 数字の両側の地域で枢機卿の数が最多なら、それら2地域の枢機卿数(自他問わず)
 点数として獲得します。複数プレイヤーが同数1位の場合は全員1位と見なします。

 両側で1位を取れなかった箇所では枢機卿をいくつ置いていたとしても0点です。

 例えば、[1]はEnglandとLoghringenの両方で1位なら点数を獲得できます。
 [2]はEnglandとFrankreich、以下同様です。

(3)道

 修道院が4個以上連続していれば、その連続数だけ点数を獲得します。
 例えば6個連続していたら6点です。地域をまたがっていても構いません。

 道が枝分かれしていた場合、重複してカウントすることはありません。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
atsさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 87興味あり
  • 327経験あり
  • 74お気に入り
  • 231持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力13
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘4
アート・外見0
作品データ
タイトル王と枢機卿
原題・英題表記Kardinal und König
参加人数3人~5人(50分~60分)
対象年齢12歳から
発売時期2000年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atsさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク