マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 15分前後
  • 8歳~
  • 2015年~

じょだんじょ!白州さんのレビュー

149
名に参考にされています
2017年12月22日 11時52分

5/10

2015年に謎に開催された「2種類のカードだけでゲームをつくろう」というさらっと言ってるけど、結構とんでもないことをするイベントで、それなりに人気があった500円ゲーム。

2種類のゲームといえば、海外だとサメ警報(自分はあの不思議な感覚は好き)があるが、やはり2種類でつくるって相当すごいと思う。

内容はタイトルの如く、あの歌を連想させるが、まさにそんなゲームで、男女を並べていくゲーム。

ただし、並べる男女カードは山札になっていて、1枚ずつめくっては使うか使わないかで分けていかなければならず、おばけキャッチとかの瞬発力系+メモリー系の融合体なので、苦手な人は超苦手なタイプ。

だが、テーマとシステムの融合が見事で、イラストも500円ゲームといい意味で噛み合っており、好印象で、500円ゲームとしてはかなり完成度が高いと思う。

だからといって、一般ウケなら、おばけキャッチとかメイクンブレイクとかでいい気もするし、ゲーマーはこのタイプ、苦手な人多いだろうから、こういう500円ゲームとかも手を出しちゃう特殊ゲーマーにしか刺さらないのは残念。そして、今、おそらく手に入らない気はする・・・。

リメイクされるほど盛り上がってはいない気もするし、レアなのは否めないが、もし見かけたら、500円なこともあるので、購入とかプレイとかしてみるのもいいんじゃないでしょうか。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 6興味あり
  • 9経験あり
  • 1お気に入り
  • 7持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルじょだんじょ!
原題・英題表記Jodanjo
参加人数2人~5人(15分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2015年~
参考価格700円
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体MoBGAMES
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿