マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

アイルオブスカイIsle of Skye: From Chieftain to King

ドイツ年間ゲーム対象エキスパート受賞作!

ドイツ年間エキスパートゲーム大賞2016年受賞作です。

名作カルカソンヌのようなタイル配置と競りが合わさったゲームです。
ボーナスが得られる配置方法になるようにタイルを配置していくことを目指しますが、良いタイルはそれだけ高い値段が付けられてしまいます。
良い条件でタイルを売り買いし、領地を作り上げましょう。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
マイボードゲーム登録者
  • 71興味あり
  • 302経験あり
  • 81お気に入り
  • 205持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力12
交渉・立ち回り7
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルアイルオブスカイ
原題・英題表記Isle of Skye: From Chieftain to King
参加人数2人~5人(30分~50分)
対象年齢8歳から
発売時期2015年~
参考価格4,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 6件

  • 193
    名に参考にされています
    投稿日:2018年02月24日 22時22分

    Mac一族が島を取り合います。背景世界をちゃんと調べてないから悪いんですが、各プレイヤーのついたてにはMacなになに、っていう名前がついてて、テーマが島を取り合うってことなんで…ゲームは、「引いたタイルを売った」後に、「残ったタイルと買ったタイルを配置する」を6回繰り返します。各ラウンドでは、得点計算方法が異なっていて、それを見越してタイルを手に入れていきます。▼ゲームの概要最初に各自3枚のタイルを引いて、それぞれに値付けを行います。この際、1.1枚は捨てる2.引いたタイルは表向けられて置かれ、全体的にどのタイルがあるかは、全員分かる3.値付けは自分のお金を使って行う※後の手順でタイルを...

    atcktさんのレビューを読む
  • 247
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月26日 21時44分

    ・カルカソンヌ+競りゲーム4人の時、6ラウンド5人の時、5ラウンド各ラウンド毎に得られる得点と最終時に得られるボーナス得点との合計点が一番高いプレイヤーが勝利です。各ラウンドの得点計算は4枚(A~D)の得点タイルに描かれた方法を基準に計算します。1ラウンド目はAの得点タイルで採点。5ラウンド目はA,C,Dの得点タイルで採点。といったようにゲームが進むに連れて得点も伸びるようになってます。最終ラウンドの得点計算には+α自分の領地に配置された巻物が描かれたタイルによってボーナス点を得ます。また、お金は5金で1点です。ラウンドの進め方1.収入フェーズ各プレイヤー、最初は5金が貰えます。自分の領...

    kaya-hatさんのレビューを読む
  • 197
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月23日 08時36分

    島の支配権を掛けた戦いです!上手に交渉・交易を行ない、自分の領地を発展させたものこそがスカイ島の王となるのです!!他のプレイヤーの狙いをしっかり読んで、どの土地を他人に買わせて、どの土地を確保したいのか…競りと国造り、駆け引きが熱い!上手に他人にタイルを買わせてお金を稼ぎながら、自分の欲しいタイルを買う、のがポイント…ですがもう一つ大事なことがあります誰もが欲しがるタイルを引いてしまったら、放棄する勇気です!ルールはシンプルで、得点方法=有用なタイルもきっちり提示してあってわかりやすく、遊びやすい。その分、ものすごい駆け引きまみれのゲームなので、人と遊ぶのが楽しいゲームです!3-5人でも...

    あんしゃるさんのレビューを読む
  • 289
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月23日 11時48分

    地形タイルをプレイヤー間で売買し、手に入れたタイルを自分の陣地に繋げ、ゲーム開始時に決まった4つの得点条件を目指していくゲームです。タイルが「カルカソンヌ」ととてもよく似ていますが、全員でひとつの土地を作るカルカソンヌとは違い、こちらは自分の土地(いわゆる「箱庭」)を作っていくゲームになります。【おすすめポイント】このゲームは自分が引いた3枚のタイルに値付けをしてプレイヤー間で売買する「競り」、タイルを入手し自分の土地を発展させていく「箱庭作り」、そして得点条件に合わせて必要なものを揃える「セットコレクション」と、ボードゲームのいろんな要素をつまみ食いして楽しめるのが一番のポイントです。...

    ルカさんのレビューを読む
  • 328
    名に参考にされています
    投稿日:2016年07月27日 15時43分

    2016年エキスパート対象受賞(するとは思いませんでした(^_^;))。でも大好きなゲームです。最近連続してプレイをしています。3,4人だとサクサクと進んで気持ちいいですね。ランダムに決められたボーナス点を睨みながら、タイルの値付け、そしてどのタイルを買うのかを考えるのは面白い。6ラウンドがあっという間に終わってしまいます(早ければ30分)。タイルをうまくゲットできないと、大差がつくこともあります。そうすると悔しくてもう一度と言いたくなりますね。簡単に遊べて、ドイツゲームらしさのあるゲーム。多くの人に楽しんでもらいたいです。このゲームシステムは面白いので、タイルの拡張版も出て欲しいですね...

    カルけいさんのレビューを読む
  • 368
    名に参考にされています
    投稿日:2016年06月18日 12時32分

    2016年エキスパート大賞ノミネート作。カルカソンヌとよく似たタイルを使うゲームだが、内容は全く異なる。競りで手に入れたタイルを使って、自分の領土を発展させていく、いわゆる箱庭系のゲーム。得点方法が非常に豊富にあるが、1ゲームで使うのはそのうちの一部分だけで、ゲームの開始時にランダムに決定される。そのため、毎回違った戦略を求められ、タイルの値付けを非常に悩ましくしている。プレイ感もよく、ゲームの展開も豊富で、戦略的な深さも十分なものを備えている。いろんなゲームのゲームシステムを少しづつ持ってきて組み合わせたようなゲームであり、いろんなゲームシステムのおもしろいところをつまみ食いできる。し...

    Meeple7さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク