マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~5人
  • 60分~80分
  • 12歳~
  • 2017年~

アイアムサバイバー!忍者さんのレビュー

370
名に参考にされています
2018年07月16日 18時03分

過酷な無人島生活で生き残ることで必死、全員生きていくには他プレイヤーの協力は必須!
交渉して生きていくために必要な物を交換したり、危険な猛獣と闘うときに手助けしたり・・・
しかしこのゲームで勝利したければ相手を欺き裏切らなければならない場合もある。
救助がきたときに助けてもらえる人数は限られている、サバイバルは生き残るための協力からバトルロイヤルに変貌する。

このゲームのプレイ自体はとても面白かったです。
ゲームの進行やカードの見方はシンプルでわかりやすかったですが細かいルールが多くあり
最初は何度もルールブックとにらめっこしながらプレイすることになるでしょう。
カードのミニマム化を図り見やすいのはとてもよかったですが
多少カードのテキストが複雑になっても効果をしっかり書いてある方がプレイがスムーズになると思いました。
<「原住民とトレード」を解決するとき「人食い族」が3枚の上限を無視して交換の対象にできる>こと等はルールブックを読まないと知りえない効果ですね、カードの効果を完全に理解するためには全員がルールを網羅する必要があることがとても惜しく感じました。

また、重箱の隅をつつくようですが誤字がとても気になりました
「戦利品として使うの効果」は「戦利品として使うときの効果」でしょうか
ルールブックならともかく実際にプレイに使われるコンポーネントの「漁師」にはサイコロがサイクロになっています。

ゲームが面白いだけに残念な部分が目立ってしまいますが
○インストに時間がかかってもいい
○無人島でサバイバルをしてみたい
○交渉術を磨きたい、近々裏切る予定がある
そんな方々にはとてもお勧めできるゲームだと思います。 

(このレビューは尼にも記載しました)

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • アール・クラウス
  • Nun Nori
忍者さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 36興味あり
  • 50経験あり
  • 13お気に入り
  • 51持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘1
アート・外見1
作品データ
タイトルアイアムサバイバー!
原題・英題表記I'm Survivor
参加人数4人~5人(60分~80分)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格3,800円
クレジット
ゲームデザインアキラ(Akira)
アートワークリス(Risu)アキラ(Akira)
関連企業/団体ホワイトキューブ(White Cube)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿