マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 40分前後
  • 10歳~
  • 2006年~

手荷物検査のっちさんのレビュー

93名 が参考
0名 がナイス
27日前

合法品と非合法品をトランクに詰めて国境を超えて儲けるゲームです。

保安官は基本的には「勘」で怪しい奴を尋問するしかありませんが、

面白いのはある程度ゲームが進むと、ウソついてるか本当の事を申告しているかが

ちょっとだけ見えてきます。そういう意味では心理戦のゲームかもしれません。


トランクに入れたモノの種類はウソついてもいいのですが、

枚数は正直に申告する必要があります。

「ツボが3枚」と申告して実は「葉巻3」だったりします。

怪しまれたらワイロを渡して即買収。

見逃してもらいましょう。


保安官はガンガンワイロを要求するのもアリです。

仮にカバンを開けさせて合法品だったとしても

保安官は一切罰則がありません。

そのため、ワイロは積極的に受け取るほうが吉です。

しかし、他のプレイヤーに

「こいつまたワイロを要求してくるだろうな・・・」と思われたら

合法品しか入れてくれなくなることもあるので注意が必要です。


保安官の「追加検査」もかなり強力です。

1人が検査を受けてホッとしていたら

「なんかオマエも怪しいな・・・それ開けて!」

ともう1人強制検査になります。

もし、カバンに非合法品が入っていたら

それは保安官のモノになります。

ゲーム中1回だけですが、

怪しい奴はこれで商品をぶんどってやりましょう。


このゲーム、難しいのは検査を抜けた後の商品売却です。

決まった枚数しか売却できないので、合法品ばかり運んでも

まったく儲からなかったということが起こります。

また、高額で売却できる非合法品も、

ライバルが同じモノを売却した場合売却できません。

保安官に支払ったワイロ額と合わせて注意が必要です。


保安官も密輸業者側も演技力が求められるゲームで

非合法品を入れていると見せかけて合法品だったりその逆だったり、

保安官もワイロを受け入れると思わせて、見逃しているような素振りで検査したりと

告発のテンポや合法と非合法のパターンも非常に重要になってきます。

このゲーム演技力がある方は強いと思います。


この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
仙人
のっち
のっち
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 40興味あり
  • 83経験あり
  • 14お気に入り
  • 29持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトル手荷物検査
原題・英題表記Hart an der Grenze
参加人数3人~6人(40分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2006年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

のっちさんの投稿

会員の新しい投稿