マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2021年~

グロウ ~トモシビノタビ~winterkoninkskeさんのレビュー

338名 が参考
6名 がナイス
約1ヶ月前

二人プレイ時の感想を書きます。

ゲームマーケットで見本の展示を見た時、あまりにもアートワークが良かったのでその時点で購入を決心しました。ゲーム性はこれから記述するとして、まず見た目の美しさに惹かれる部分が大いにある作品です。

グロウはカードドラフト、エンジンビルド、ダイスロール、双六といった複数の要素を取り入れながらも、かなり気軽にダイスをコロコロやって遊べる中量級ゲームです。

まず仲間となるカードを手番プレイヤーから選択します。カードはキャラクターによってその後のプレイを大きく左右する個性的な能力があり、更にドラフトする位置によって追加で振れるダイスの数も決まる悩ましさがあります。

選択が終わるとダイスロールです。

出た属性によってキャラクターの能力が発動しますが、能力には発動して欲しいものと発動したくないもの(仲間が死亡してしまうなど)があるため、運頼みで重要なアクションを行うことになります。

結果が気に入らなければ、リロールトークンや勝利点を消費して振り直すアクションも可能。リスクをとってまた運頼みになる悪魔的な要素が仕掛けられています。

ダイスによる能力の発動の後、更に出た属性を用いてメインボードにある自コマを進めます。こちらはいくつか分岐のある双六のような要素で、どこまで進めたかで終了時の追加勝利点が決まるパートです。ダイスの目が二種類のアクションにまで影響する采配になるのが面白いです。

こうして8ラウンド行ったあと、勝利点トラックを最も進んだプレイヤーが勝者となります。

ダイスによる能力発動と双六の判定があるため、基本的にはダイス運が鍵を握るゲームです。そのため、仲間にするカードはダイスによる確率も踏まえながら決めなければならないため、しっかりと悩ませてくれます。

またプレイヤーはゲーム開始時に主人公カードを一枚選ぶことになります。これがどれも個性的で、プレイ感が大きく変化するためリプレイ性があります。メインボードはルールに変化を出せる「影の領域」と「闇の群島」の両面仕様になっています。他にも双六を無条件で進める足跡トークンや、集めることで大量得点を狙える蛍トークンなど、プレイングで得点を伸ばすチャンスもあるため、運の要素に偏りすぎない配慮がボードゲームらしい思考を生み出してくれます。

ダイスロールと双六は各自が同時に行えるようになっているため、ダウンタイムが少ないのも特徴です。反面ソロプレイ感も強くインタラクションが少ないですが、直接攻撃でないにしろ他プレイヤーを邪魔する能力を少量配置することで、その辺りに配慮された作りが見て取れます。私はお邪魔要素があまり好きではないので、避けられるのなら避けちゃいますけど。

色々と退屈しない要素を散りばめて工夫されていますが、全体的には手軽なダイス運とビジュアルを楽しむカジュアルなゲームという印象です。とっつきやすく誰にでも薦めることができますが、運要素を好きになるかはその人次第といったところ。むしろ重ゲーの箸休めとして需要があるかも?と思うほどの軽快感です。


コンポーネントは素晴らしいの一言。

「色を失った物寂しい世界を旅する一行」が、希望と栄誉を求めて灯りを取り戻すまでの冒険のイメージを個性的なイラストなどで見事に再現しています。ルールブックの最初の見開きにはフレーバーストーリーがイラストとともにまるまる掲載されていて、世界観に深く引き込ませてくれます。

一部同イラストはあるものの能力は全てユニークな仲間カード、オリジナルのカラフルなダイス、可愛らしい各種トークンなど、しっかりこだわって作られたことが分かる良質なコンポーネントが目も手触りも楽しませてくれます。


重ゲー好きには少々物足りない部分もあるので、ライトなゲーム感ながらじっくり練られた秀逸なアートワークを楽しんだり、手の込んだ中量級ゲームの入り口として気軽に始めたりするシーンで出番があると思います。

推奨年齢も10歳からなので、誰にでもとりあえず勧められる親しみやすいダイスゲームになっています。

この投稿に6名がナイス!しました
ナイス!
ボードゲームワイワイ
Danny S.K. Kwan
黒沢 貴彦
Sato39
Bluebear
まじー
仙人
winterkoninkske
winterkoninkske
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 87興味あり
  • 158経験あり
  • 42お気に入り
  • 157持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力6
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見8
作品データ
タイトルグロウ ~トモシビノタビ~
原題・英題表記Glow
参加人数2人~4人(45分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2021年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

winterkoninkskeさんの投稿

会員の新しい投稿