マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 1997年~

フォー・セール白州さんのレビュー

176
名に参考にされています
2018年02月19日 00時54分

7/10

お手軽2段階競りゲーの隠れた名作。

前半はお金チップを使って、1〜30の不動産カードを落札し、後半は不動産カードで同時だしで数字比べをして、小切手を競り落とすシステムで、戦略と運のバランスがちょうどよく、ボードゲームを始めたての人にもオススメできるカードゲーム。

前半のお金を使う競りだが、場にはプレイヤー人数分のカードがランダムで並べられており、1度でもパスをすると、その中から一番小さい数字のカードを取らなければならない。

ただし、お金を出していると、パスしたときに半分戻ってくるのと、1位だけ全額支払わなければならないのがミソ。これによって、カードにもよるが、基本的に2位を狙うのが美味しい。

そして、後半はハゲタカのように同時だしして、数字比べするが、小切手が0〜15と幅広く、これも同じようにランダムでプレイヤー人数分出て来るので、どこで何のカードを出すのかの駆け引きが面白い。

最初の競りでいいカードを取らなければ、もちろん勝てないが、それだけでも100%勝てないところも面白い。

ちなみにシステムだけでいえば、6点くらいなのだが、なんといっても1〜30の不動産カードのイラストが全て違うこと、そして数字があがっていくにつれて豪華になっていくところが素晴らしい。これで+1点。

小さい数字の家は家かどうか判別つかないから「Welcome」の看板が出てたりと細かいところが大好き。

箱も昔は結構でかくて5人までしかできなかったが、グリフォンのバージョンは小さくて、6人までプレイできるので、オススメ。今のバージョンはまたでかくなったのかな。

もし、手軽に戦略と運のバランスがよくて初心者も楽しめるゲームを探しているのであれば、ぜひ一度、これをプレイしてみてほしい。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 37興味あり
  • 276経験あり
  • 52お気に入り
  • 173持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力4
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルフォー・セール
原題・英題表記For Sale
参加人数3人~6人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1997年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク