マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

フォー・セールFor Sale

競りとブラフのお手軽ゲーム

不動産をうまく扱い、資金を多くためましょう。

入札、販売時は周りのプレイヤーの思惑を読むことで、勝利に近づきます。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
マイボードゲーム登録者
  • 36興味あり
  • 256経験あり
  • 50お気に入り
  • 163持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力4
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルフォー・セール
原題・英題表記For Sale
参加人数3人~6人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1997年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 4件

  • 120
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月09日 15時45分

    デザイナーは『7つの印』『ぶくぶく』『マラケシュ』で有名なシュテファン・ドラの20年も前の1997年に作られたシンプルな競りゲーム。2段階にわかれた競りゲームです1.与えられた資金で不動産(1-30の価値の不動産が各1枚づつ)を落札する。2.不動産を高く売って、より高額な小切手(0ドルから15000ドルまで小切手30枚)と交換する。小切手と最初に与えられた資金の多い人が勝ち。カード構成を把握すれば、必然的にどこで攻めてどこでおりるか?は見えてきます。相場感も2-3回やったらわかるし、初心者の競りゲームにもってこいのおすすめゲーム。

    m1114toyさんのレビューを読む
  • 169
    名に参考にされています
    投稿日:2018年02月19日 00時54分

    7/10お手軽2段階競りゲーの隠れた名作。前半はお金チップを使って、1〜30の不動産カードを落札し、後半は不動産カードで同時だしで数字比べをして、小切手を競り落とすシステムで、戦略と運のバランスがちょうどよく、ボードゲームを始めたての人にもオススメできるカードゲーム。前半のお金を使う競りだが、場にはプレイヤー人数分のカードがランダムで並べられており、1度でもパスをすると、その中から一番小さい数字のカードを取らなければならない。ただし、お金を出していると、パスしたときに半分戻ってくるのと、1位だけ全額支払わなければならないのがミソ。これによって、カードにもよるが、基本的に2位を狙うのが美味...

    白州さんのレビューを読む
  • 138
    名に参考にされています
    投稿日:2017年10月26日 00時55分

    シンプルな競りゲームですが、悩ましく熱いゲームです!やることは1.なるだけ価値の高い物件を安く入手する2.買った物件をできるだけ高い小切手に変えていくたったこれだけ。これだけなのに、いちいち悩ましい思いをすることになります。ルールは非常に簡単で覚えやすいので、競りゲームが苦手でなければ、どなたでも楽しめると思います。ただコンポーネントのお金チップが若干チープなのは、残念な所です。(プレイ感には全く支障はありません)

    ぽんこつスライムさんのレビューを読む
  • 75
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月01日 04時11分

    まずは、前半に物件をオークションで仕入れて、後半にそれを高値で売りさばくと言った感じのゲーム。ハゲタカのえじきに似た感じのゲームと言う印象を受けました。簡単だけど奥が深い。せっかく、前半でいい物件を仕入れても最悪の場合それが無価値になる可能性も出てくる。周りがどんな物件を出してくるか。どんな物件を前半で仕入れていたのか。結構考えさせられるゲームです。いやはや・・・奥が深いし面白い!

    ケントリッヒさんのレビューを読む

リプレイ 2件

  • 19
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月11日 12時38分
  • 26
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月09日 15時50分

    (リプレイ)5人で2回プレイ。最初はなかなか相場がわからなかったが、2回目は皆なれてきてサクサクゲームがすすんだ。戦略の所で書いたことを実施した結果、2回目は私が1位を取ることができた。1回目は6万越える人はいなかった。シンプルな競りゲームでお気に入り。

    m1114toyさんのリプレイを読む

戦略やコツ 1件

  • 65
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月09日 15時45分

    (戦略)1.フェーズ1の競りで30-28の最大価値の不動産は手にいれたいので、これが出たときは5000から7000ドルぐらいは値をあげる価値あります。フェーズ2の競りで30をもっていれば確実に最大の小切手を得ることができます。2.フェーズ1の競りで1から10までの不動産は絶対とらないようにふるまう。手番にも影響はされますが、最後手番だと勝手に降りていく人がいるので無料で10以上の不動産をえることもできる。3.最初の資金の他の人の残金を把握できれば、残金の少ない人に数字の低い不動産をとらせる事ができる。不動産購入の後半戦はこれが有効。

    m1114toyさんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク