マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 1989年~

マングローブからの脱出白州さんのレビュー

32
名に参考にされています
2018年08月08日 19時05分

5/10

カルタヘナの元になったと言われるボードゲーム。

手番では、動物のカードを出して、空いている次の動物のマスまで進む。

途中、1人しかいることのできないゾーンになっている吊橋とか誰かが通り越すまで1位を足止めする象とか、それなりにイベントが多く、当時のゲームとしてはかなり面白い部類に入ったであろうと感じさせる。

しかし、このゲームは前半は盛り上がるが、後半はそれが失速すると言われており、その原因がゴールマスにある。

なぜかというと、このゲームでゴールするには、赤のカードを出さなければならないのだが、この赤のカードが5枚しかなく、それを牛耳るプレイヤーがいると、いつまでもたっても誰もゴールできない(というかトップでもそのカードがなければ、決してゴールできない)設計になっている。

そのため、ゲーマー同士でやると、かなりの確率でこの現象が起きるため、手札の数を減らすことを推奨されているが、たしかにそのとおりだと思う。

なので、ゲーマー同士であまりやるべきではないゲームではあるが、完成度の高いカルタヘナで遊べばいいのに、わざわざ歴史探検みたいな感じで、このゲームを発掘してやろうとする時点でかなりのゲーマーなので笑、この現象は起こる前提として考えた方が良い気はする。

なので、もしやるなら手札を減らすヴァリアントを入れたほうがいい。

もし、それをいれなければ、ゲームとして欠陥がある評価2になる可能性すらあるので注意。

普通の人はわざわざこんなマニアックなゲームに手を出さずに、カルタヘナで遊びましょう笑

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 4経験あり
  • 1お気に入り
  • 1持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルマングローブからの脱出
原題・英題表記Flucht aus Mangrovia
参加人数2人~6人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1989年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインローランド・ジーガー(Roland Siegers)
アートワークマイヤー マーティン
関連企業/団体マテル(Mattel)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク