マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 90分前後
  • 12歳~
  • 1971年~

社長の決断BG825さんのレビュー

160
名に参考にされています
2017年02月10日 10時45分

古典ゲームの名作ですね。ルールが驚くほどシンプル。だけどものすごく悩まされます。

仕入れをする、商品を作る、販売する。

これだけなのですが、仕入れは全員が示した個数によって価格変動します。例えば「X-FINEを3個で価格40で」という具合で指定するのですが、もしみんなが欲しがると、価格が高騰していきます。すると「価格40で」買いたかったのに市場価格は「43」とかになって、買えなくなってしまいます。

逆に需要が少なくて価格が下がってしまうことが有ります。例えば「37」とか。たとえ価格が下がっても自分の値付け「40」で購入しなくてはなりません。

3種類の材料を組み合わせてA,B,Cの商品を作るのですが、こちらもまた需要と供給のバランスによって価格変動します。大量に商品を作って売ろうとすると価格が下がり、一つも売れない。なんてことも。

ラウンドが進んでいくと、仕入れ価格、販売価格も変動していき、高騰したり暴落したりしていきます。これらがダイスなどの運要素が一切ない、プレイヤー同士の思惑によって発生するというのが面白いです。

12ラウンド(1年間)をプレイすると流石に資金の差が大きくなってきて、お金がお金を生み出す流れになっていき、買い占めと独占が発生してきます。
その点が、古典ゲームらしいところです。救済措置が一切ないので脱落するとキビシイ。逆にそうならないように1ラウンド1ラウンドをとても慎重に進めていく感じになります。

最近のルールやコンポーネントが複雑なゲームからすると、びっくりするほどシンプルな作りになっているので、その点だけだけもやってみる価値があります。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
BG825さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 9経験あり
  • 4お気に入り
  • 9持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル社長の決断
原題・英題表記Executive Decision
参加人数2人~6人(90分前後)
対象年齢12歳から
発売時期1971年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

BG825さんの投稿

会員の新しい投稿