マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分~90分
  • 10歳~
  • 2013年~

アンドールの伝説:星の盾鈴村リクさんのレビュー

324
名に参考にされています
2018年06月28日 01時00分

よくぞ戻られた!

協力型ファンタジー「アンドールの伝説」の拡張セット第一弾です。

竜を倒し、世界に平和ともたらした勇者たちが〈アンドール候〉に叙任されてからしばらく後の時代・・・季節が巡り冬の足音と共に不穏な気配が国中を包み込んだ所から物語が始まります。

新シナリオの『〈星の楯〉の時代』は5つのミッションと6種類の脅威の中からランダムで1つづつ選択するシナリオとなっており、何度でもストーリーを楽しめる作りになっています。

撃退するべき脅威である「火炎魔人」は森を延焼させ続け、「攻城塔」はその圧倒的なスピードで城へ迫り、「闇の神殿」は倒したはずのモンスターを復活させ、「投石器」はゲームの命たる黄金の楯を破壊し、「クラードの奴隷使い」は農民をマップの奥へ奥へと追いやり「水魔」はマップ上の橋を破壊します。どれもこれも一筋縄ではいかない難易度で勇者たちを楽しませてくれることでしょう。

タイトルにもある〈星の楯〉はタイミング次第で神アイテムにも駄アイテムにもなる代物で、プレイングスキルが問われますので、ここぞという場面で使いましょう。

どうしてこの拡張が複数回プレイする前提にあるのか。プレイヤーによってストーリーがバラバラになってしまうのか。付属の説明書を眺めながら、『伝説』に思いを馳せてみるのも良いかもしれません。

※『アンドールの伝説:星の楯』を購入すると、公式webでDL出来る『外伝1』がシナリオカードとしてついてきます。自分たちでDLしてカードを作成する手間が無くなりお得です。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
鈴村リクさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 60興味あり
  • 51経験あり
  • 21お気に入り
  • 179持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力3
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見2
作品データ
タイトルアンドールの伝説:星の盾
原題・英題表記Legends of Andor: The Star Shield
参加人数2人~4人(60分~90分)
対象年齢10歳から
発売時期2013年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿