マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 30分~50分
  • 8歳~
  • 2014年~

デザインタウンD-Swordmanさんのレビュー

135
名に参考にされています
2020年01月23日 02時12分

「『手札』の概念がないデッキ構築ゲーム」。このゲームのアイデンティティはここに尽きます。
が、その実態はどちらかというとチキンレースの要素のほうが強いように思えます。

お金をためてカードを買いデッキを強化していくところは普通のデッキ構築です。
しかし、このゲームでは手札を持たず、デッキからカードを直接1枚ずつプレイしていきます。
途中で苦情アイコンの付いたカードが3枚出てしまった場合、どれだけお金が出ていてもその瞬間にターン終了。
それまでに、勝利点アイコンを8つ自分の場に並べることができれば勝ちとなります。
1枚ごとにカードプレイを止めることができるので、自分のデッキにいくつ苦情カードが入っているかを把握しながら「プレイを続けるか? ここで止めるか?」を選択していくゲームです。

基本セットだけではカードの種類はあまり多くないので、取れる戦術もあまり多くありません。
なるべく値段の高いカードを買って、適度にグレードアップをしながら8点が出てくることを祈るのが基本戦術です。

「ドミニオン」「ハートオブクラウン」「クランク!」のようなちゃんとした(?)デッキ構築ゲームを想像してこのゲームを買うのはおすすめしません。
逆に、ノリと勢いで盛り上がれるメンバーと遊ぶときにはちょうどよい感じのパーティゲームです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
D-Swordmanさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 25興味あり
  • 71経験あり
  • 6お気に入り
  • 83持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力5
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見0
作品データ
タイトルデザインタウン
原題・英題表記Design Town
参加人数1人~4人(30分~50分)
対象年齢8歳から
発売時期2014年~
参考価格2,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿