マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2017年~

リトルタウンビルダーズD-Swordmanさんのレビュー

659名 が参考
4名 がナイス
3年弱前

基本をしっかり押さえながら、かなりシンプルな仕上がりになっているワーカープレイスメントゲームです。

プレイヤーは建築士のチームのリーダーになり、豊かな大地に新しい町を作り上げていきます。

建設によりフィールドに建物を建てることができるため、ワーカーをマスに配置したときの効果がだんだん強化されていきつつ、フィールドがどんどん賑やかになっていきます。
ゲーム終了時にはフィールドが建物でそこそこ埋まった状態になり、町を開拓した感もしっかりあります。

一方でワーカーへの食料供給システムもきちんとあるので、なるべく食料をうまく調達しながら建物からも効果を得られるような場所に建物を建てたりワーカーを配置したりしていくことが重要です。

総じて、以下のようなジレンマがうまくシステムとして取り込まれており、ワーカープレイスメントの面白さを比較的手軽に味わえるとてもいいゲームです。

  • ワーカーをどこに配置するか (建物を建てるのか、食料を供給するのか、建材を調達するのか)
  • 他プレイヤーの建てた建物を利用するかどうか (利用するには1金を渡さないといけないため、自分や相手の財布と相談が必要)
  • 建物をどこに配置するか (なるべく便利な場所に建てたいが、あまりに便利すぎるマスができると妨害の的になる)


欠点を挙げるとすれば、ワーカープレイスメントの宿命として相手が何をしたいかを予測して動けるスキルが必要になる (同時に、慣れない場合は長考を誘発することがある) ことと、シンプルであるがゆえに慣れてくると諸事情を加味しても最善手が簡単に見つかってしまう場合がまれにあることでしょう。

また、細かい点なのですが、3人目4人目の色があらかじめ決まっているのに (人数が増えるとワーカーや建物の所有を表す家コマが少なくなるが、もともと少ない数しかコマが入っていない色がある) 、箱から袋を出したときにぱっと見ではわかりにくいため「好きな色選んで」と渡してから「コマの数足りないんだけど」と言われて「あ、そうだ、色決まってるんだった」となったことが少なからずありますw

自分はボードゲーム初心者の友人とも何回か遊んだことがありますが、友人ももともとゲーマー気質であったためか楽しんでプレイしてできていました。

ワーカープレイスメントに慣れていない人やゲーマーではあるけれどボードゲームにはあまり触れない人と遊ぶときにはかなりおすすめできるゲームだと思います。

この投稿に4名がナイス!しました
ナイス!
栗坂こなべ
PigeonBoard
まーく。
Nobuaki Katou
勇者
D-Swordman
D-Swordman
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 405興味あり
  • 1071経験あり
  • 400お気に入り
  • 832持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力67
交渉・立ち回り34
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見41
作品データ
タイトルリトルタウンビルダーズ
原題・英題表記Little Town Builders
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格3,900円
クレジット
ゲームデザインShun
アートワークアヤ(AYA)
関連企業/団体Studio GG
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿