マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

秘湯!魔王城の湯Dark ONSEN Castle

これは、オトモを連れてオンセンに浸かるカードゲーム――

このゲームのプレイヤーは魔王の城の湯殿を舞台に、
魔王軍の四天王となって、疲労回復と、縄張り争いを行います。

魔王軍の四天王(オヤブン)となって、仲間(オトモ)を集め、
・連れてゆくオトモの数。
・自分のキャラにマッチした効能。
・とっ捕まえた美女からのお酌。
・風呂上りのコーヒー牛乳。
…などの要素を点数化し、その点数を競うゲームです。

プレイヤーは順番に、
温泉の効能やキャラのカードを、
配置したり、覗き見したり、入れ替えたりしながら
温泉づくりと仲間集めを行います。
場が整ったら、すべてのプレイヤーは、
入りたい温泉を「せーの!」で選び、
仲間の数が多いプレイヤーが優先して温泉に入ることができます。
そして、点数を最も獲得したプレイヤーが勝者となります。

魔王軍には、魔族、獣人、ダークエルフ、アンデッドなど、
さまざまな種族が混在し、種族ごとに入れる風呂、入れない風呂があり、
仲間集めと並行して、それらの温泉の効能が書かれたカードを配置してゆきます。
「オモテで置くか?ウラで置くか?」
「すごく●●なカードを何故オモテで置いた…罠か?」
「アッレェ~?あそこに何置いたっけェ~?」
といった、駆け引きや読み合い、自分自身の記憶との戦いが生まれる、
2~5人向けのテーブルゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. GekidanKabrockGekidanKabrock
マイボードゲーム登録者
  • 15興味あり
  • 10経験あり
  • 1お気に入り
  • 16持ってる
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル秘湯!魔王城の湯
原題・英題表記Dark ONSEN Castle
参加人数2人~5人(30分前後)
対象年齢未登録
発売時期2017年~
参考価格2,000円
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体劇団kabrock‏(Gekidan Kabrock)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 267
    名に参考にされています
    投稿日:2017年11月24日 00時01分

    【必要な場】●山札ここから手札を補充します。●捨て札未使用の手札をウラ向きのままここへ移します。山札が尽きた時点で捨て札をシャッフルして、新たな山札とします。●手札山札から引いたカードです。他のプレイヤーから内容が見えないようにしてください。自分の手番が終わったら、残った手札を捨て札に移します。●個人のエリア各プレイヤーが、オヤブンカード、オトモカードを配置する場所です。他のプレイヤーから内容が見えないようにしてください。●温泉エリア手札からオンセンカードを配置する場所です。3人以下で遊ぶときは3箇所。4人以上で遊ぶときは人数の箇所になります。何枚でもカードを配置できますが、ウラ向きでカ...

    GekidanKabrockさんの「秘湯!魔王城の湯」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿