マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ジャックと豆の木 / 英国人の血の匂いThe Blood of an Englishman

6/10

タイトルはアレだが、ジャックと豆の木をテーマにした2人用カードゲーム。

宝物3つ奪えば勝利のジャック側とそれを阻止する巨人の非対称型システムが特徴。

内容は1〜9の豆の木のカードがそれぞれ4枚で36枚、巨人カード8枚、宝物カード3種が2枚ずつでちょうど50枚。これを1列10枚並べて5列つくる。

ジャック側からスタートで、細かいルールは割愛するが、簡単にいうと、ジャックは基本的に各列の先頭カードか最後尾カードを自分のところに持ってきて並べることができ、これが昇順で6枚並べると宝物カードをとることができる。これで3種の宝物集めれば勝ち。

巨人は、ジャックが動いたら後手番でアクション。豆の木カードを破壊したり、4枚まとめてガッとカードを移動させたり、ジャックより1アクション少ないけどカードを移動させたりできる。

5列のうち、先頭に巨人カード4枚くるか、連続で4枚の巨人カードが並べば巨人の勝ち。

と文字だけで書くと結構わかりづらいが、基本的にはシンプルでサクサク進む。

前半はジャックが有利というか負けることはまずないが、ゲームが進むに連れて、カードは増えるわけではないので、だんだん巨人が迫ってくる感じが体感できる。

特に最後の宝物をとるときに急に苦しくなる緊張感が良い!

両方やってみたけど、どちらもそこそこ戦えるし、いいんじゃないでしょうか。

個人的には、面白いけど、思った以上の衝撃がなかったので、この評価。

国内ではあまり流通していないのが残念だけど、童話もののゲームとしては完成度高いと思うし、プレイ時間もそんなにかからないので、興味のある人はやってみてはいかがでしょうか。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:白州
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 6経験あり
  • 0お気に入り
  • 6持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルジャックと豆の木 / 英国人の血の匂い
原題・英題表記The Blood of an Englishman
参加人数2人用(20分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 106
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月24日 01時56分

    6/10タイトルはアレだが、ジャックと豆の木をテーマにした2人用カードゲーム。宝物3つ奪えば勝利のジャック側とそれを阻止する巨人の非対称型システムが特徴。内容は1〜9の豆の木のカードがそれぞれ4枚で36枚、巨人カード8枚、宝物カード3種が2枚ずつでちょうど50枚。これを1列10枚並べて5列つくる。ジャック側からスタートで、細かいルールは割愛するが、簡単にいうと、ジャックは基本的に各列の先頭カードか最後尾カードを自分のところに持ってきて並べることができ、これが昇順で6枚並べると宝物カードをとることができる。これで3種の宝物集めれば勝ち。巨人は、ジャックが動いたら後手番でアクション。豆の木カ...

    白州さんの「ジャックと豆の木 / 英国人の血の匂い」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク