マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~2人
  • 360分前後
  • 12歳~
  • 1983年~

アドミラル・グラフシュペーBluebearさんのレビュー

110
名に参考にされています
2020年05月08日 18時58分

第二次大戦の大西洋、地中海、北海を舞台にした戦闘艦どうしの盛大な砲撃戦を精密に再現するウォーシミュレーションゲームです。

1980年代に日本のツクダホビー から、先発の『戦艦大和』の姉妹編として発売されました。

姉妹編と言いながらも、システムに共通性は全く無く、大和がまだ多数の艦艇同士の『艦隊戦』を意識しているのに対し、このヨーロッパ方面の海戦は比較的少数の戦闘艦どうしの戦いが多いためか、個別の艦それぞれの砲撃と、着弾、被害をクローズアップしたデザインとなっています。

そのため、プレイヤーの立場はどちらかというと『艦隊司令官』ではなく『艦長』のイメージに近いです。


アドミラルグラフシュペーとは、第二次大戦のドイツ海軍が運用したやや小柄ながら強力な砲撃力を有し、『ポケット戦艦』とも呼ばれた有名な艦の名称です。


このセットには、このドイツ海軍だけでなく、イタリア、イギリス、フランス、アメリカ(の一部、ノースカロライナやサウスダコタ)がぎっしり含まれています。

『戦艦大和』にあった艦ごとのデータカードは廃止され、詳細に書き込まれた大きなデータシートにある一覧表を順に見ながら判定をしていきます。(整理された表を順番に見ていく流れになっているので、慣れるまでが大変ですが、流れが分かるとスムーズに進行します。)


艦ごとの主砲や副砲の『種類』と『配置』から、距離による『落角』と『貫徹力』を求め、様々な修正を入れて着弾判定をしていきます。

着弾の状況も細かく判定し、『近弾』と『夾叉』の判定もあります。これによる着弾修正が存在するゲームはこれしか知りません。(艦砲の着弾はばらつきが避けられず、一定の範囲に広く着弾し、これを散布界と言います。着弾を観測し、目標艦を前後に挟むように着弾することを夾叉と言います。こうなれば、後はこの範囲の中に出来る限り大量の砲弾を送り込むのが鉄則ですね。)

つまり『当たらない』射撃は『無意味』なのではなく、次弾を当てるための観測データとして有効なんですねー。

それがしっかり表現されています。これが実に細かい!でもメカ好きの私らにはこれがたまらなく楽しかったです。


この砲撃戦の解決には、着弾の判定から装甲の貫徹判定、損害判定、さらに二次被害と、全部で6回もサイコロをガラガラ振ります。

こらはデザイナーズノートにもありましたが、この距離での砲撃戦になると「どの程度当たるか」「どこに当たったか」「どのくらい被害が出るか」という要素はある程度《運》まかせになるのは避けられない、という理屈です。

ほとんど素人の私もそれは理解できます。

実際、ゲームとしては、このサイコロ判定が熱いので、やってみて白熱するので、個人的にはお気に入りです。

「よーし、距離21、目標《グラフシュペー》、全門斉射だっ!」

「よし来いっ」

「てーっ!(コロコロ)…弾着!やった《夾叉》っ!」

「水柱がばんばん立って絵になるところだな。やばいな、次は来るぞ」

「次弾装填急げ!次こそ当てる!」


こんな感じのゲーム進行なのが、分かってもらえるだろうか?

(^^)


もう一つ特筆すべきは『浮力』で、右舷と左舷で別れていて、浸水がひどくなると、傾きが生じてしまうので、艦の安定を保つためにあえて反対側に注水し、艦を安定させなければなりません。

意図的に浸水を選択するかどうかのジレンマにさらされるわけです。

このルールがあるのも私が知る限り、このゲームしかないです。


当時の私にはこれがすごく船っぽくて感心ましたね〜。(単に大破、中破ってだけだと、戦車や師団と結局変わらないじゃないですか)


こんな感じのゲームはです。

例によって入手難なのはごめんなさい!

押し入れから出てきたのが嬉しくて、レビュー書いちゃいました!

追記

この手のメカ戦ゲームは、私個人は『絵が浮かぶかどうか』という要素をとても大事にしています。

砲撃戦の判定の結果、対象艦が《中破》して、艦隊の展開に支障が出る、という表現も、戦況全体を俯瞰して、その展開を競うという観点から見ると、それはそれでとても正しいと思います。

しかし私は、ただ《損害が出たかどうか》よりも、もっと直接的に《命中したか》《どこに当たったか》《どんな損害が出たか》《まだ戦闘続行は可能か》と言った【状況】に、より関心があります。(あくまで個人的意見)

『舷側に当たったけど装甲を貫徹せずに損害が出なかった』のと、『効果なし』は、確かに結果だけ見ると同じかもしれませんが、脳裏にイメージされる《絵》が違うんですよね〜。

その意味でも、このゲームは、砲撃の轟音、しぶきを上げる水柱、炎上する敵艦、煙を引きながらも必死に回頭する戦艦、艦の安定を必死に保とうとする乗組員、…といった《絵》が浮かぶ数少ないゲームとして評価したいと思います。(そのぶん引き換えに手順が増えるのは宿命なんですけどね…)

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • たか
Bluebearさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 2経験あり
  • 2お気に入り
  • 4持ってる
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルアドミラル・グラフシュペー
原題・英題表記Admiral Graf Spee
参加人数1人~2人(360分前後)
対象年齢12歳から
発売時期1983年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインカワセ ヒロシ(Hiroshi Kawase)
アートワーク未登録
関連企業/団体ツクダオリジナル(Tsukuda Hobby / Original)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Bluebearさんの投稿

会員の新しい投稿