マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2016年~

ズーポリス白州さんのレビュー

141
名に参考にされています
2018年01月02日 08時06分

5/10

バネストの2017年間売り上げランキングで4位になったというそこそこ人気のあるらしいカードゲーム。

中身はざっくりいうと推理+バッティングゲーム。だけど、ハゲタカとかとはかなり違う。

4つの列があって(これだとマニアックだけど「ネコチーズを奪え!」に近い)、そこに得点カードが毎回出てきて、そこに1人1枚ずつ数字が1〜5のどれかを選んで裏向きで並べていく。

全員が全ての列に1枚ずつカードを置いたらオープン!もちろん数字がでかい人がとれるが、バッティングすると、とることはできない。といったのが基本。

だが、ここに他のプレイヤーの裏向きのカードの数字がなんなのかを当てるという推理要素が入ってきて、それが当たれば追加点。得点カードはセットコレクションである程度の縛りがあるため、最初はあてずっぽうだが、後半は人よって集めるカードが変わってくるため、ある程度は推測できる(と思う)といった感じ。

個人的には推理とバッティングが両方ふわふわしている感じがしたので、この評価だが、何度もやっていると変わってくる気はしなくもない。※自分は同じゲームをあんまりしないので1回のみ。

あと、このゲームが意外と人気なのはイラストが大きいと思う。パッケージでもそうだが、容疑者の動物たちが5種類いて、得点カードが動物たちが被害にあっているイラストなので、動物ランドの世界観が結構よくできている。イラストも独特な味があるしね。

バッティングと推理というそこまで外さない要素と癖のあるイラストのコラボレーションが素敵なカードゲーム。

推理かバッティングかイラストに興味があったら、おすすめできる作品。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 12興味あり
  • 73経験あり
  • 15お気に入り
  • 42持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルズーポリス
原題・英題表記Zoopolice
参加人数3人~4人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2016年~
参考価格2,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿