マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 45分~55分
  • 8歳~
  • 2003年~

イエローストーンレモネードさんのレビュー

100
名に参考にされています
2020年09月14日 21時31分

イエローストーン公園内の動物のグループをあっちこっちウロウロさせるゲームです。

嫁さんと8歳の息子の3人でプレイしました。


7×7のマス目が書かれたボード上に手札から動物カードを

1枚か2枚配置していきます。


ただし、動物カードには番号と色があり

記載の番号の段にしかカードを置けず、

さらに同色のカードがすでにボード上にあれば、その列にしかカードは置けません。

全く同じカードは重ねて置くこともできます。


で、自分が置いたカードを3×3の枠内にして

その外にあるカードを全て引取らねばならず、

引取ったカードは自分の前に重ねてマイナス点になります。


手札の補充のルールが変わっていて、

2枚配置すれば、山札から手札が6枚になるまで補充できるのですが

1枚配置だと補充はできません。

3人プレイ時は2枚配置時は必ず補充です

(4人プレイ時は補充するかどうかを選択できます)。


1枚ずつ配置してもし手札がなくなったら

必ず6枚補充するのですが、この時のみ山からだけでなく

代わりに自分の前のマイナス点のカードの山から補充してもOKです。

つまり、引取ったマイナス点カード6枚を手札に戻せて、なくすことができるのです。


山札がなくなれば決算が始まり

引取ったカード分、自分の点数駒を進めます。

点数を進めるとゆーことはマイナス点が増えることなので

なるべく駒を進めないようにするゲームです。


誰かが35点を超えたらゲーム終了で

その人がベベになり、駒があまり進んでない者が勝ちです。


序盤は家族全員、

動物のグループからあんま外れた場所に置いたらあかんねんなーくらいで

面白さにあんまピンときてなかったのですが

プレイしてくうちに

「そっちにいくとヤバいわー」とか

「やったー、こっちにきて助かったやん」とか

3×3の塊が移動する様にけっこう盛り上がりました。


息子もオレもちょっとずつマイナス点を増やす中

嫁さんが好調で序盤はほとんどマイナス点なし


そんな中、どーしても置ける場所が離れて

大量にマイナス点を引き取るオレ。


「大量に引取れば、1枚ずつ配置する、6枚返しだ!」と、

1枚配置でなんとか手札をなくし

6枚のマイナスカードを手札にする作戦を実行したものの


1枚ずつ配置すると、手札がドンドン少なくなり

配置できる選択肢が狭まり、

逆にもっと大量のカードを引き取ることになるオレ


そして絶妙なタイミングで決算が起こり

結局、ダントツでマイナス点を稼いじゃいました。がっくし。


マイナス点を取っても救済措置が一応あって、

3×3で8枚目と9枚目を置ければ、

8枚目なら+1点と9枚目なら+3点を即得られます。


なんとか点数をプラスにすることも成功したりしたんですが

結局、オレが35点に到達してしまいゲーム終了。

嫁さんが1位で優勝しました。

当然べべがオレ。


よくよく考えてみると序盤は手なりで、なんとなくカードを配置し

後半は自分のマイナス点を返すことばっか考えていたのが敗因かな。


もっと序盤から手札をじっくり思考して綿密な作戦で配置し

後半は2枚配置を駆使してグループを誘導して

相手に大量にマイナス点を押し付けることもできたかなー。


そーゆう他者のカードや心理を読んで

どこに自分のカードを置くか

トランプの七並べをちょっとひねったような感じで


それにより3×3の枠をいかにうまく誘導するかが

このゲームの醍醐味のような気もします。

単なるカード運だけじゃない気もします。

ルールもめちゃ簡単でサクッと40分ほど楽しめます。


ただ、手札によってはどーしようもない時もあり

大量の失点を受けたら復活するのも難しいゲームです。

そのあたりで好みは別れそうです。


うちでは嫁さんには特に好評でした。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
レモネードさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 29興味あり
  • 89経験あり
  • 16お気に入り
  • 43持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力5
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルイエローストーン
原題・英題表記Yellowstone Park
参加人数2人~5人(45分~55分)
対象年齢8歳から
発売時期2003年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レモネードさんの投稿

会員の新しい投稿