マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

トランスヨーロッパ / フライヨーロッパTransEuropa / Fly Europe

ヨーロッパの都市をつなげ お前の線路は俺のもの、俺の線路はお前のもの

線路引きゲームでは最も簡単、お手軽です。
線路を引くのにお金を払うこともカードを集めるも必要ないのですから。
6人までプレイできて、プレイ時間も短く、初心者でも簡単に遊べます。

ヨーロッパの地図にいくつもの正三角形が描かれており、
そのいくつかの頂点に主要35都市が配置されています。
都市は5つの地域(東、南、西、北、中央)で色分けされており、
それらの都市は色別のカードとなっています。
各色のカード1枚づつを手に取ったらゲームの開始。
自分が持っているカードの5都市を誰よりも早く
全て線路でつなげましょう。

先ず円筒形のスタートポストをボード上の
どこかの三角形の頂点に置きます。都市でも都市でなくてもかまいません。
それから毎ターン地図上の三角形の辺に線路を置いていきます。
線路は黒くて四角い小さい木の棒です。
普通の平地であれば一度に2本まで、
山脈や大河、海峡を越える個所では1本だけ線路が引けます。
線路は自分のスタートポストからつながっていれば、
違う方向に1本ずつ置けますし、線路を枝分かれして置いてもいい。
そして他プレイヤーの線路と繋がったら、
その路線全ての線路の先に自分の線路が置けるようになります。
これは相手も同様で、全プレイヤーの線路がつながったら、
どこから線路を延して置いてもかわなくなります。
自分のカードの都市が全てつながったらカードの都市を公開し、
つながっていることを確認します。
他のプレイヤーは線路があと何本引けば全部つながるかを確認し、
それぞれその本数の数字をゲームボードの端のコマで記録します。

スタートプレイヤーを交代してカードを配り直し、
何度か同じゲームを行って誰かが一定数の点数になったらゲーム終了、
一番点数の少ないプレイヤーの勝ちとなります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 異人館異人館
マイボードゲーム登録者
  • 14興味あり
  • 69経験あり
  • 11お気に入り
  • 48持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力6
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルトランスヨーロッパ / フライヨーロッパ
原題・英題表記TransEuropa / Fly Europe
参加人数2人~6人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2005年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 124
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月02日 15時56分

    自分の目的地を線路で繋げるという点ではチケット・トゥ・ライドとおなじだけど、システムは全然違う。チケライよりお手軽。線路は共通だけど、他人と繋げるまでは自分の力で伸ばさないといけない。いつかは他の線路につなげないといけないので、そのタイミングが大事。大事なのは、始発駅をどこに配置するか、だけど。これはけっこう考えてもどこが良いのか分からない。中央部に配置しても、端っこに配置しても、どっちでも勝てる。カード配分は運だけど、エリアごとに1枚引くので一応ばらけるようにはなっている。でもこれはやっぱり、5か所が近い位置にある方が有利な気はする。拡張にある、自分専用の線路も使いどころを考える。でも...

    フクハナさんの「トランスヨーロッパ / フライヨーロッパ」のレビュー
  • 182
    名に参考にされています
    投稿日:2017年10月26日 12時03分

    ルールはシンプルで、ボードゲーム初心者でも、お子様でも、楽しく遊べると思います。日本語版はないですけど、地名くらいなので問題ないです。ほぼ同じもので、「トランス・アメリカ」があります。「ヨーロッパ」はアメリカの拡張版です。まず最初に、行き先カードが配られ、スタート地点を決めて、そこからいち早くすべての行き先まで線路をつなげられた人が出たら1ラウンド終了。ゴールまで足りなかった線路分がマイナスポイントになるゲームです。線路は、自分のスタート地点からつながってさえいれば、他人の線路でも利用できます。協力しながらも、みんなライバルというカルカソンヌ的な楽しみがあります。ここまでは、アメリカ版と...

    エリサさんの「トランスヨーロッパ / フライヨーロッパ」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク