マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 15分前後
  • 12歳~
  • 2018年~
191
名に参考にされています
2018年06月06日 21時42分

6/10

『大怪獣コトバモドス』で有名なサークル「一年中未来」のゲームマーケット2018春新作。

ポンコツペイントとかと同じで、1人が回答者となり、他のプレイヤー全員がお題のプレゼンをして当ててもらうタイプのゲーム。

ただし、そのプレゼン方法は、「漢字2文字+カタカナ3文字」だけ!

例えば「ライオン」であれば「百獣キング」のように書いて、書き終わったら、発表順番のトークンを取る。

このとき、好きな数字をとっていいのが肝で、親は1度しか回答できないため、2番目とかの方が前の人のプレゼンもヒントになり、当ててもらいやすくなることもある。

また、漢字2文字が熟語としてできていたり、カタカナが実際にあるカタカナ語だった場合、1ポイントが入り、そのポイント合計が多い人から発表するため、ちゃんとした言葉選びが必要なところも面白い。

例えば「消防車」で「火無クルマ」だと、熟語でもカタカナ語でもないので、0ポイントとなってしまうが、先程の「百獣キング」であれば、2ポイントなので、先に答えられるというわけだ。

実際やってみると、簡単そうに見えて、意外とパニック起こして何も書けなかったりして、思ったよりも難しかった。ただ、相手に答えがわかってもらったときの感動はやっぱいいね。

ぶっちゃけ紙とペンを用意すればできてしまうが、それをあえて、学校風の箱にした世界観や、熟語とカタカナ語の2種類でお題が用意されていること、また数字トークンもついていたりするで、結構好き。

ポンコツペイントとか、できる限り条件をクリアしながら、絶妙なヒントを出すタイプのゲームが好きな人にはいいんじゃないでしょうか。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • きりんなべ
  • あらい
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 12興味あり
  • 39経験あり
  • 7お気に入り
  • 17持ってる
テーマ/フレーバー
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル□□◯◯◯ / 四角四角マルマルマル
原題・英題表記Shikaku Shikaku Maru Maru Maru
参加人数3人~6人(15分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2018年~
参考価格1,000円
クレジット
ゲームデザイン郡山 喜彦(Yoshihiko Koriyama)
アートワーク郡山 喜彦(Yoshihiko Koriyama)
関連企業/団体一年中未来(Ichinenjumirai)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク