マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

サンクチュアリThe Sanctuary: Endangered Species

鳥獣保護区を管理し、土地を取得して整備したり、希少動物を増やしてその幸福度を上げたりするゲーム。

プレイヤーは希少動物を保護する鳥獣保護区を管理します。
毎ラウンド開始時にアクションカードが1列に並ぶので、各プレイヤー2つずつ持っているボランティアコマをカードの上に置きます。1個目はスタートプレイヤーから時計回りの順に、2個目はその逆の順に置きます。
その後アクションカードのアクションを実行するのですが、コマの置かれたカードのアクションだけでなく、そのコマから視線が届く範囲のカードに書かれたサイドアクションも実行できます。視線は他のプレイヤーのコマや、カードに描かれた生垣によって遮られます。これによって、ひねりの効いたワーカープレイスメントの駆け引きが楽しめます。
主な得点手段は2つ。1つは土地を取得し、そこに木や池を配置すること。もう1つは希少動物を飼い、数を増やし、その幸福度を上げること。各種アクションを通してこれらを実現します。さらに、補助的な得点として、進歩タイルの得点や余った資源の得点、脅威トークンによる減点が加わります。
規定ラウンドが終了した時点で得点を集計し、最も高い得点のプレイヤーが勝利です。
ひねりの効いたワーカープレイスメントというシステム面の魅力もさることながら、アートワーク面の魅力も非凡です。洗練された箱絵、32種類の希少動物、美麗かつ機能的なプレイヤーボード、いずれもこのゲームの魅力を支えています。
あえて難を言うなら、ワーカーを置く時に考える要素が多いので、長考が発生しやすい事。必要に応じてタイマーを導入するとよいでしょう。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 双六小僧双六小僧
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルサンクチュアリ
原題・英題表記The Sanctuary: Endangered Species
参加人数2人~4人(30分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿