• 3人~10人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2004年~

お邪魔者初心者GMさんのレビュー

167
名に参考にされています
投稿日:2017年02月15日 17時33分

金鉱掘りとお邪魔ものの2チームに分かれて金鉱を掘らすか掘らせずに終わらせるかを競うゲーム。

中盤以降はほぼほぼチームが分かるのでギャーギャー言いながら楽しめます。

ただ、8人以上だとちょっとゲームバランスが悪いかもしれません。手札が全部で67枚なので、多くても9ターンしか回ってこないのでちょっと物足りないです。大人数の時は拡張版のお邪魔もの2も用意していった方がいいかもしれません。

  • 93興味あり
  • 805経験あり
  • 172お気に入り
  • 589持ってる
販売中の商品
プレイ感の評価
運・確率10
戦略・判断力14
交渉・立ち回り8
心理戦・ブラフ13
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルお邪魔者
原題・英題表記Saboteur
参加人数3人~10人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2004年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

お邪魔者のレビュー

  • 69
    名に参考にされています
    投稿日:2017年10月05日 12時05分

    レッツ破綻芸 正体隠匿系のゲームであり、サバター(お邪魔者)とアバター(金塊掘り)の2陣営が金塊を目指して掘り進めたり、金塊を取られないようにお邪魔したりします ゲームを進めていく上で、少しずつ「お邪魔者」が誰なのか透けていきますが、そこからが面白いのが「お邪魔者」の良いところ  思いっきりとぼけながら、お邪魔しましょ  

    続きを読む
  • 161
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月16日 18時30分

    通路カードを出し、ゴールまで掘り進めて行く「金鉱堀り」とそれを邪魔する「お邪魔者」の2チームに分かれて進めるゲームです。最初に各プレーヤーに役職カードをくばります。人数に応じて「金鉱堀り」と「お邪魔者」のカードをバランス良く混ぜておきます。たとえば7人ならば「金鉱堀り」が4人、「お邪魔者」が3人です。各プレーヤーは秘密裏に自分だけがその役職カードを見て確認します。他プレーヤーの役職はお互い誰も知りません。●正体隠匿系ゲームではありますので、もちろん正体がバレないように気をつけるのはもちろんですが、お邪魔者はゴールまで辿り着かせない事が目的ですので、早々に正体をバラして行き止まりの道を出し...

    続きを読む
  • 20
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月19日 15時47分

    ワイワイできるのが楽しい。しかもライトではあるが、戦略やコンビプレーも求められるため、楽しい。ワイワイ大人数でボドゲといわれればこれです。

    続きを読む
  • 153
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月25日 22時11分

    「大人数でできる正体隠匿系で、人狼が苦手な初心者とも遊べるゲームは?」そう訊かれたら、私は「お邪魔者」だと答えます。詳しいルールは先達のレビューをご参照頂ければと思います。どんなところがオススメかというと、正体隠匿系が苦手な人の特徴に、〈口下手である〉〈人を攻撃するのが苦手〉というのがありますが、お邪魔者はそんな人でも問題なく遊べるということです。正体隠匿系ゲームに付き物の話し合いがお邪魔者にはほぼありません。自分以外のプレイヤーの正体は分かりませんので、参加者の通路カードないし妨害カード、アイテムカードの采配を見て、敵か味方か判断していきます。また、自分も自分の味方陣営に味方だと認識し...

    続きを読む
  • 203
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月27日 12時10分

    2004年販売のドイツ製の正体隠匿カードゲームです。金塊を掘り当てる勤勉な「金鉱掘り」と、それを阻止する「お邪魔者」に分かれてプレイします。

    金鉱掘りは3カ所のどこかにある金鉱を掘り当てれば、お邪魔者はそれを阻止すれば金塊がもらえ、3ラウンド合計でその個数を競います。

    ゲームは自分の手番に1枚カードを使ったり、捨てて交換したりすることを繰り返してプレイします。様々な形の通路が書いてある「坑道カード」を並べる、「故障」「修理」「落石」「地図」の4種類のアクションカードを使う、いらないカードを1枚捨てて山札から補充する、といった3つの行動を繰り返しながら、それぞれの役割の目的を達...

    続きを読む
  • 106
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月25日 17時04分

    3か所ある伏せられた採掘ポイントに向かって、
    7ならべのようにカードを並べて道を作っていくのですが、
    手札にある4~5枚のなかからしか使えないため、うまく道がつながらずパスしたり、
    良かれと思って置いたカードがあだになってうまく進めず、そのせいでお邪魔者だと疑われたり、
    信じていた人が実はお邪魔者で、最後の最後に行き止まりにされたりなど、
    非常にうまい具合に疑心暗鬼を楽しめる作品です。

    8人でのゲーム会でも使用しましたが、ボードゲームが初めての人にも受け入れられやすく、
    人数が多い場合の定番ゲームにしていこうと思います。
    カードゲームなので箱も小さく、持ち運びがしやす...

    続きを読む
  • 60
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月19日 23時32分

    金鉱掘りたちは通路を掘り進みながら
    奥深くにある金を探し当てるのが目的です。
    しかし金鉱掘りの中には何故か金を
    掘り当てることを嫌がる「お邪魔者」が
    潜んでおり金鉱掘りを妨害してきます。
    誰が金鉱掘りかはわかりません。
    5人いれば2人、7人いれば3人から2人といった
    感じでお邪魔者が潜んでいます。
    相手の動きを封じるカードや
    ゴールにあるカード(3枚のうち1枚だけが金)の
    一枚をこっそりみることができるカード、
    通路を一度破壊し取り除くカードを駆使して
    金鉱掘りとお邪魔者の戦いが始まります。

    お互いの行動の中で正体を暴きだし
    自分のチームを勝利に導く
    観...

    続きを読む
  • 101
    名に参考にされています
    投稿日:2016年02月28日 08時53分

    ボドゲにはまるきっかけになったお邪魔者。人狼ハウスで待ち時間によくやるゲーム。
    楽しくてはしゃぎすぎて村に迷惑をかけてしまうことがたびたびあるのが難点。。

    普通の金鉱掘りとお邪魔者と別れるんだけど、お邪魔者のほうがたいてい楽しい!
    途中から誰が敵で誰が味方か分かり出してくるから、そこでお互いどういう作戦で行くか話し合ったり、思いっきり邪魔されて悲鳴をあげてしまったり。わいわいゲーム!

    得点計算とかがちょっと複雑だから、1回1回あんまり気にせずに楽しむのが一番な気がする。

    続きを読む

初心者GMさんのレビュー

会員の新しい投稿