マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~12人
  • 45分前後
  • 8歳~
  • 2011年~

お邪魔者2shunzeiさんのレビュー

118
名に参考にされています
2016年06月07日 05時56分

「お邪魔者」の続編の正体隠匿カードゲームです。この拡張によって、今まで面白かったゲームが更に何倍も面白くなりました。

通常の「お邪魔者」が金鉱掘りとお邪魔野の戦いであったのに対し、この「お邪魔者2」は職業が増えました。金鉱掘りが「緑の金鉱掘り」と「青の金鉱掘り」に分かれ、今までの「お邪魔者」はそのままですが、新たに「ボス」「地質学者」「横着者」が加わったことで、色々なバリエーションの戦略が考えられることとなりました。

また、前作とは違った形の通路が追加になってますし、特殊カードも「泥棒」「役割の変更」「手札交換」「調査」が追加になっていて、これも戦略のバリエーションを増やしてくれます。

いろいろ追加になったため前作に比べて覚えることが増え、インストに時間がかかるようになりましたが、何度かやればすぐに覚えますし、ゲームの深みは間違いなく「お邪魔者2」のほうがあるため、一度こちらで慣れると前作に戻れなくなる方もいます。

できることが増えた分だけゲーム性は高くなりましたが、邪魔カードを取り除ける条件が緩和されたり、職業を変更できるカードがあったり、負けても金塊を盗めたりすることから、正体隠匿ゲームとしての緊張感は前作のほうがあるような気がします。前作が正体の「読み合い」が重要であるのに対して、今作はカードを使った「戦略」が勝敗を分けるような気がします。

プレイ人数は2~12人となっていますので、どちらかというと大人数のゲーム会で活躍するゲームですが、ゲームを何度もやった経験や海外のサイトやオンライン対戦の評価から判断するに、プレイ人数は「7人前後」が最適な人数だと思います。

この「お邪魔者2」は拡張なので、「お邪魔者」本体が無いと遊べません。まずは通常の「お邪魔者」で慣れてからプレイすることをお勧めします。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
shunzeiさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 50興味あり
  • 314経験あり
  • 50お気に入り
  • 335持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力4
交渉・立ち回り6
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルお邪魔者2
原題・英題表記Saboteur 2 (expansion-only editions)
参加人数2人~12人(45分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2011年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

shunzeiさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク