マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分前後
  • 8歳~
  • 2017年~

パイオニアatcktさんのレビュー

133
名に参考にされています
2019年07月20日 00時00分

アメリカ大陸を東から西へ向かう、ボードゲーマーにはありふれた西部開拓のゲームです(笑)タイルを取ったらそのアクション(能力)を使うのですが、買う前に知ってたこの情報はほんの断片でした。


▼ゲームの概要

手番では3つのステップを行います。

これは個人ボードに書かれており、それに対応させるだけです。


1つ目は、収入を得ます。固定で3ドル、銀行家のタイルがあれば追加で1ドル、最大2ドルまでもらえます。

次にアクション。

3種類あって、1本の道を引く、2本の道を引く、馬車を手に入れる。

最後は「乗り合い馬車のコマ」を1マス1ドルで移動させ、新たなタイルを取り、乗客を降ろす。そして、ほかのプレイヤーが便乗する。


です。

最後のアクション、ややこしそうでしょ?(笑


基本的には、収入、道を引く、移動する(自分の道はタダ)、新たなタイルを取って、そのアクション。

というのを繰り返します。

ポイントはやっぱり3つ目のステップです。

自分の馬車にはボード上のタイルのいずれかに対応する乗客が複数乗っています。その乗客がいないとタイルが取れないんです。

そして、最終得点が「自分の道でつながっている都市にある自分の乗客数×2」だったりします。ほかにも馬車の得点とかありますが、この得点が結構重要なのでそれを目指します。

乗客はたくさん降ろせる「農民」というタイルもあって、どれを取るか熾烈です。

そう、熾烈なんです。ほかにもいろいろタイルがあり、能力がありますが、どれも魅力的で、譲れないタイルばかりです。

タイルを取ったために次のプレイヤーが得をした、なんてことがないようにじっくり考えます。

乗客を一定数降ろすか、馬車タイルが引かれきったら終了です。

先ほどの得点など、いくつかの得点を合計して、最も得点の高いプレイヤーが勝ちます。


▼プレイの感想

最近にしては珍しい、多少なりとも2000年前半のにおいの残るボードゲームだなと思いました。

あの頃の良い点ばかりが目立つ、楽しめるボードゲームです。

最初に書いたように、「移動先のタイルのアクションをするゲーム」とか思っていたら、結構大きな間違いでした。乗客マネジメントとルートコネクティングマネジメント(本当、マネジメント)が重要なゲームです。

しかもこのゲーム、遊ぶたびにだいぶ展開が変わりそうです。

勝利ルートもいくつか用意されており、おそらく工夫すれば2つ同時とかもできる気がします。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 21興味あり
  • 146経験あり
  • 23お気に入り
  • 72持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力6
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルパイオニア
原題・英題表記Pioneers
参加人数2人~4人(60分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク