マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

パニック・ラボPanic Lab

☆7

アメーバが逃げたぞ!!

どこいった?!

 

円環に色々な形や色をしたアメーバや排気口や装置が書かれたパネルが並んでいます。

サイコロ4つを振ったら今回見つけるべき「色」「形」「模様」「逃げた場所と方向」の組み合わせが決まりますので、それによって該当するアメーバを誰よりも早く見つけます。


『青の機械から黒の矢印』の方へ逃げていった『赤と黄色』で『斑点模様』『ナメクジ型』を見つけます。ということで視線でそれに該当するアメーバを追うのですが、排気口があったら次にある排気口へ移動します。さらに、視線で追って変換装置〈色〉を通ったら探す対象のアメーバが『赤と黄色』⇔『青と紫』といった変換をします。変換装置〈形〉なら『ナメクジ型』⇔『ウインナー型』に変換します。変換装置〈模様〉なら『斑点模様』⇔『縞模様』に変換します。

それらを通過して、答えが変わりつつも該当したアメーバを見つけて指さすことで得点が獲得できます。

 

ちなみに4回変換装置を通過するとアメーバが死滅するので、その場合は死滅した装置を指します。

 

これは超、脳内混乱します!

サイコロ振ってから、スタート地点へ各プレイヤーの目線が釘付けで、そこから視線で該当するアメーバがいないか視線で追っていきます。そして変換装置で形や色が変わって排出口で、視線が飛んで「これ?」と不安で指さす一連の流れが面白いです!

変換装置という要素が、記憶をかき乱して変換装置を何度も通って「あれ?もしかして、死んでない?」という結論には至るけど4回目がわからなくてやり直したり、このゲームが難しいと身構えたら、すごい近くに答えがあったら。

瞬発系の右脳ゲームとして面白いとこを突いていると思います。

ハイパーロボットのゲーム感覚を軽い形に落としこめていると思います。

 

ただ、個人的に飽きが早いです。

ゲーム展開やバリエーションがちょっと少ないかもです。だけど、これ以上模様や色や形に要素を加えてはたどり着くまで脳が整理できないと思うので、ゲームのフレーバー的にはダメなのかもしれないですが。

「逃げた場所と方向」以外の各サイコロの6/1ぐらいに「なし」という出目を追加して、その部類に関する条件を「なし」にして病原菌を見つけるような要素を加えて、たまには条件を楽にして急いで答えにたどり着かないといけない展開なんて入れてみたらどうだったのだろうか。

 

だけど、持ち運び楽な箱でかなりの人数でも対応できる、時間調整として良いゲームだと思います。

 

遊評☆7

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:82BG@19秋GM(土日)出展
パニック・ラボ
パニック・ラボの通販
形を変え色を変え模様を変えて逃げるアメーバーを4つのサイコロを振って見つけ出す大混乱カード・ゲーム!
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,980(税込)
マイボードゲーム登録者
  • 14興味あり
  • 36経験あり
  • 2お気に入り
  • 27持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルパニック・ラボ
原題・英題表記Panic Lab
参加人数2人~10人(10分~30分)
対象年齢8歳から
発売時期2012年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 148
    名に参考にされています
    投稿日:2019年09月01日 11時14分

    ラボから逃げたアメーバを誰よりも先に見つけ出した人が勝ちというゲーム。円状に全てのカードを配置。配置したら、4つのコマをふり、そのコマに対応するアメーバを一番早く見つけ出しカードを取ります。カードは、色や模様が異なる2種類のアメーバと、排気口、スタートを表す3種類のカード、そして数種類のオプションカード(そこを通ると、色がや模様が変換する)です。4つのサイコロは、①2種類のアメーバの形(モノクロ)②アメーバの模様③アメーバの色③スタートタイルの色とスタートの方向がかかれたものからなりたちます。このサイコロをふり、ゲームは始まります。サイコロの出目をみて、まずは、スタートタイルを探し、右回...

    ボドゲ好きのてんちゃんさんの「パニック・ラボ」のレビュー
  • 244
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月23日 23時53分

    ☆7アメーバが逃げたぞ!!どこいった?! 円環に色々な形や色をしたアメーバや排気口や装置が書かれたパネルが並んでいます。サイコロ4つを振ったら今回見つけるべき「色」「形」「模様」「逃げた場所と方向」の組み合わせが決まりますので、それによって該当するアメーバを誰よりも早く見つけます。『青の機械から黒の矢印』の方へ逃げていった『赤と黄色』で『斑点模様』『ナメクジ型』を見つけます。ということで視線でそれに該当するアメーバを追うのですが、排気口があったら次にある排気口へ移動します。さらに、視線で追って変換装置〈色〉を通ったら探す対象のアメーバが『赤と黄色』⇔『青と紫』といった変換をします。変換装...

    82BG@19秋GM(土日)出展さんの「パニック・ラボ」のレビュー
  • 143
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月23日 22時57分

    もう頭がパニック?!(゚д゚)ラボから逃げ出したアメーバを捕まえろ!ラボからアメーバが逃げ出してしまったので捕まえようというコンセプトのゲームです。まずいろんなアメーバや換気口、変身部屋が描かれたカード25枚をシャッフルして円状に並べます。そして4つのダイスを振り指定されたアメーバのカードを1番早く触ることができたら1点獲得です。これを5点先取勝利でやっていきます。ゲームの流れは以上です。ダイスには何が描かれてるからというと(1)アメーバの形…ナメクジっぽい形orソーセージっぽい形(2)アメーバの色…赤とオレンジor青と紫(3)アメーバの模様…ドットorボーダー(4)アメーバが逃げ出した...

    ちくわんこさんの「パニック・ラボ」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 1件

  • Itsukiさんの投稿
    カードサイズと枚数について

    通常のカードより分厚いです。カードサイズは55mm×55mmです。最適スリーブはなさそうです。「CAC-SL106 名刺サイズ・ハード」をカットすれば代用できます。カードは25枚入っています。

    0件のコメント4ページビュー2年以上前
    コンポーネント/カードスリーブ

会員の新しい投稿