パン食べたいんだけどPan Tabetaindakedo

パシリ王は誰だ!

[ゲームの特徴]
2つの机を実際に行ったり来たりしながら、先輩が欲しいパンを見つけるゲーム。立ったり座ったりするアクションがあるので、他のプレイヤーの順番でも見ていて楽しめるのが特徴。

[ゲームの目的]
各プレイヤーが先輩からの指示に合うパンをスピーディーに買ってくることでポイントを獲得します。最も多くのポイントを獲得したプレイヤーの勝利です。

[ストーリー]
学校で先輩が発した言葉、それは「パン食べたいんだけど」
この先輩、普段は優しいけれど怒ると怖いので、あなたは今すぐダッシュしてパンを買いに行かなければなりません。先輩は少しずつしか気持ちを話さないし、急に気分が変わるときもあります。
本当に欲しいパンかどうかは学校とパン屋を何度か往復して確認しないと不安です。

制限時間はなんと1分間

先輩からほめられるために、悩んで、走って、探し出そう!

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. JamesJames
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 5経験あり
  • 4お気に入り
  • 3持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルパン食べたいんだけど
原題・英題表記Pan Tabetaindakedo
参加人数2人~5人(10分~20分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格3,300円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 128
    名に参考にされています
    投稿日:2017年11月22日 21時43分

    一番最初に先輩からの指示を見ただけだと、なんとなく行けそうな気がするが実際に離れたパンのカードを目の前にすると、思わず笑ってしまうくらい判断が付かない状況になります。時間も測定しているので焦ります。そこで更なる情報をもらいに戻るか、行けそうであればパンを買うか判断力が試されてとても面白いです。大人がテーブル間をバタバタ走りながらパンを選んでいる姿も面白いです。ビジネス研修にも使えるという事なので、大人が集まってやるとよさそうです。

    修央大下さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿