マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

祈り、働けOra et Labora

『アグリコラ』で数々の賞を受賞しドイツ・ボードゲームのトレンドを塗り替えたウヴェ・ローゼンベルク渾身の2011年エッセン発表の最新作ボードゲーム!

中世の修道院経営ゲーム

はじめは自分の土地に丘陵と農場と修道院本館があります。
ここに修道士を置いてレンガ小麦お金を手に入れます。
これらのアイテムを手に入れてさらに新しい土地を買い自分の土地を広げていきます。
土地には資材を払って建物を作ったり食料とエネルギーを払って村を作ったりすることができます。
建物の中で修道院の建物は特別です。修道院の建物はつなげて作らなければならず修道院はどんどん大きくなっていきます。
この大きさに応じて修道院寮でボーナス得点が得られます。
ゲーム終了時にできるだけたくさん得点できるようほかの建物や村のとなりに上手に作りましょう。
最後に勝つのは祈り(Ora)と労働(Labora)で最もよく神様に奉仕できた人です。

『祈り働け』は2~4人でプレイでき所要時間は一晩中と短時間を選べます。
説明用と詳細の2種類のルールがついています。
ソロプレイもできますのでルールを読んですぐにゲームが遊べます。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. Feiron33Feiron33
マイボードゲーム登録者
  • 90興味あり
  • 82経験あり
  • 16お気に入り
  • 60持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力5
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル祈り、働け
原題・英題表記Ora et Labora
参加人数1人~4人(60分~180分)
対象年齢13歳から
発売時期2012年~
参考価格5,600円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 172
    名に参考にされています
    投稿日:2019年01月27日 21時43分

    ゲーム名称:祈り働け(OraetLabora)2011年BGG7.7デザイナー:ウヴェ・ローゼンベルク(UweRosenberg)正直なところ、ウヴェ作品というか、未プレイながらアグリコラに苦手意識があり、軽くウヴェ作品を遠ざけていたんですが(あくまで購入意欲の点で。もちろんプレイ機会があればばっちこい!)控えめに言って最高でした。ゲームのざっくりとした流れは、個人ボードの森や泥炭を開墾して建物を建て、その建物やその建て方によって勝利点を得る。というもので、基本エンジンはワーカープレイスメント。建物にワーカーを配置してその効果を得るということをしていくが、自分の建てた建物だけでなく、お金...

    ひめくりさんの「祈り、働け」のレビュー
  • 211
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月17日 15時25分

    ル・アーブルの流れをくむワーカープレースメントで、プレイヤーボードをどんどんと拡充していく楽しさがある。非常にやりごたえがあるが、一手にかける時間が長くなりがちで長時間のプレイとなる。この流れから、より簡素化したグラスロードへと作風が変わっていったと推測するのは容易である。リソースが非常に多いが、慣れてしまえば楽しくなる要素になり、購入したカードと接続する村の組み合わせで得点が増えるのが楽しい。ル・アーブル同様に他の建物を利用できるが、修道長が建設した建物をすぐにアクティブにできたり、3人置いたら、ワーカーが回収される点など工夫があちこちにみられる。難があるとすれば、カードが小さく文字が...

    gskanazawaさんの「祈り、働け」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿