マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

おきやOKIYA / NIYA

花札っぽい柄の庭タイルを取り合うガチ2人対戦ゲーム

日本の宮廷の庭には、礼儀正しい作法と自然の美の裏で、源氏と平家の二つの氏族の政治的な陰謀が渦巻いているのです。
16枚の庭タイルには、それぞれ8種類(日の出/短冊/鳥/雨/カエデ/サクラ/マツ/アヤメ)のうちの2つの属性があります。
4×4に並んだ庭タイルをひとつ取り自分の色のコインを置きます。
これに対し、相手は直前に取られた庭の属性いずれかを含む、残りの庭タイルを取りコインを置いていきます。
勝利条件は
・自分の色のコインがタテまたはヨコに1列並ぶ
・隣り合う4個(2×2)を取る
・相手が次に取れる庭タイルがなくなる
のいずれかを満たす事です。

とても簡単なルールでサクッと勝敗がつくミニオセロな感じの対戦ゲームです。
日本語版はありませんが言語依存が無く、和風テイスト、庭タイルよりも何故か気合の入った氏族コイントークン、そして立体的な凹凸のついた缶ケース、と見事なコンポーネントの作品です。
(ヨーロッパ多言語版OKIYAは厚紙タイルで化粧箱のチャイナドレス←間違った日本風w、英語版NIYAは缶入りでプラスチック製コイン←ちゃんと着物に)

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 夏木なつき夏木なつき
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 13経験あり
  • 1お気に入り
  • 16持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルおきや
原題・英題表記OKIYA / NIYA
参加人数2人用(10分~20分)
対象年齢7歳から
発売時期2012年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 99
    名に参考にされています
    投稿日:2018年07月15日 22時16分

    4×4のスペースにトークンを置いていき、一列に4個もしくは2×2にトークンを並べることを目指すゲーム。トークンを置いていく4×4の場は、4種類の植物(梅、楓、菖蒲、松)と4種類のパーツ(雨、月、鳥、短冊)が描かれた花札のに似たイラストのタイルで構成されていて、直前に相手が置いた場所にあったタイルに描かれていた植物かパーツが描かれたタイルの場所にしか置くことが出来ないのがポイント。先手の一手目こそ16の選択肢がありますが、後手の一手目では既に6個と減り、最長でも1人8手で終了なので、1ゲームはサクサク終わります。タイルの初期配置にもよりますが、引き分けになることも多いような印象でした。この...

    Dさんのレビューを読む
  • 162
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月27日 21時52分

    2人用のアブストラクトで、軽いながらもいい塩梅にできてるなあって思えるゲームです。タイルを綺麗に並べると、こんな感じで4種類の植物がそれぞれ4種類の装飾になっています。花札風ですが、短冊の言葉が違いますし、ちょっとずついろいろ違うようです。このタイルをシャッフルして、4✕4の場を作ります。手番では、1つタイルを取る代わりに自分の丸いタイルを置いていきます。勝つためには、①縦横斜めのどれかで、自分の色が4つ直線で並ぶ②2✕2で自分のタイルが並ぶ③相手がどのタイルも取れないようにするのどれかを満たす必要があります!取るタイルには制限があります。タイルを取ると、見えるようにタイルを重ねて置いて...

    まつながさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク