マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 20分~60分
  • 12歳~
  • 2022年~

ぬくみ温泉開拓記じむやさんのレビュー

498名
9名
0
15日前

温泉特需により町の拡大を行うことになった「ぬくみ町」。隣接する未開の地を開拓し、色々な施設を建てて魅力的な温泉街をつくるという「ぬくみ温泉繁盛記」の延長線にあるゲーム。

ソロプレイのみですがご紹介です。


概 要

システム:バッグビルディング。袋から引いた資源チップをボードに配置してアクションを行います。移動やチップの追加、建物の建築まで全てチップで行います。最初に引ける数は限られていますが、ボードに建物を建てる=自分のキューブを配置することでドロー数が増えていきます。

ラウンド数:5ラウンド(固定)。

ソロ:妨害型スコアアタック。オートマカード等はなく、自分以外のコマ1つとキューブをNPCとして使います。

勝利条件:建物やお金、パートナーボード上の勝利点等を足して最大得点を取る。ソロの場合は得点に応じたランク認定があります。



コンポーネント

ボード以外はこんな感じ。カード類はラウンドボーナスの「開拓日誌」、繁盛記でもおなじみ「助人」カード、パートナーボードに追加できる「追加アクション」、ぬく丸がかわいいスタPカード(両面)の4種。

チップ類:資源は5種類(左から「黄金」「人脈」「食料」「木材」「石材」)。コインカプセルが丁度いい。あとはお金が1・2・5・10・20の5種。

駒類はキューブと開拓者コマ×4人分とぬく丸コマ1つ。そして6面ダイス1つの構成。

タイル。今回の建物は11種類。勝利点のみ、配置時の周辺建物数でお金がもらえるもの、建築時にお金や助人カードが貰えるもの、「おいしさ」「楽しさ」トラックに応じて得点がもらえるものに分かれます。

サマリー(両面)。人数分あり。これものすごくわかりやすい。サマリーとはこうあるべき。

パートナーボード。6人(A・B両面)から1枚を選びます。それぞれ開始時能力やダイスボーナス等違いがあります。


セットアップ(ソロ)はこんな感じ。メインボード中央に自分と妨害用の開拓者コマを1つ置き、個人ボード・パートナーボードをセット。ぬく丸コマはダイス目に応じてボードの所定の位置へ。


ゲームについて

流れとしては、①NPCの移動②ラウンドボーナス適用+助人カード1枚手札に追加③バッグから資源チップを引く④個人ボードにチップを配置してアクション(移動や建設等、ぬく丸を捕まえる等)を行い、やれることがなくなったらラウンド終了。

NPCの移動:ダイスを振って目に応じて2~4マス「ぬく丸に向かって」移動させ、通過点にその色のキューブを置く。そこはもう建物は建てられなくなります。

ぬく丸を捕まえる:自分が捕まえると3円もらえ、かつスタPカードを裏面(終了時得点&バッグドロー時+1引ける)にします。NPCが捕まえると、スタPカードが表面(何もなし)となります。その後、ダイスを振り、出た目の「ぬく丸スポット」に移動させます。

これを5ラウンド繰り返して、勝利点計算を行うというものです。


ざっくりした流れ

①NPCの移動

まずはダイスを振り、出た目に応じて(1~3:2マス、4と5:3マス、6:4マス)ぬく丸に向かって移動します。通過したところにキューブを置きます。3だったので2マス移動させました。


②バッグドロー

最初は黄金以外のチップ4種からはじまります(ラウンドボーナスでチップを貰ったり一部パートナーは開始時に特定チップをバッグに追加がある)。そして引ける数もパートナーボードの「引ける資源チップの数」の見えている数字分のみ。これを増やさないとチップを増やしても引ける数は4のままなのでまずは建物を建てる必要があります。

ということで、現在位置から隣に移動(人脈×1)、そこに屋台(木材+食料)を建てました。

選択したパートナー「あんま師」の固有アクション「食欲増進のツボ」(石材1:おいしさトラック上昇)を使用して、チップを使い切りました。これで次のラウンドはチップを6枚引くことができます。

だいたいこんな感じです。

最終盤面はこちら。ソロだと大体建物が6~8か所くらい建つ感じでしょうか。最終的にぬく丸確保(カード裏面)で終われるとベスト。


感 想

セットアップがとても簡単。製作者様曰く「準備の楽なオルレアン」ってことで納得。チップ自体も引ける数も上手いこと増やして建物を展開。移動・建設・チップ増・助人カードプレイどこに振り分けるか悩ましいところ。

ソロだとNPCの移動ルートは建物を建てられなくなるので位置取りも重要。

パートナー6人×両面で12種の固有ボード+追加アクションを獲得することで全く違う方針で遊べるのでリプレイ性も高い。

ランダム選択のラウンドイベントもチップが貰えたり引けるチップ数が増えたりと全てがプラス方向。やりたいことがしっかりやれます。

個人的な気になったところとしては、ソロだと自分しか建物建てないのでちょっと盤面が寂しいのと、チップも充実したあたりで終わるので気分的にはあと1ラウンドやりたいなと思ったくらい。

ルール回りは物凄く分かりやすいし、ソロ~4人までプレイ可能。ソロもNPCの動きとスタPカードの扱い以外共通なので多人数プレイ前の練習にもなる。

もちろんソロ目的でもすごく楽しい。ボード類もコンパクトなので場所もそんなに大きくいらない。ソロ的にはこれ大事。

とても綺麗に纏まった良作。文句なしにおすすめです。


この投稿に9名がナイス!しました
ナイス!
おとん
ひいらぎ ぎんが
ぺるにゃんにゃん
リーゼンドルフ
ぼーぐ
みずいろ
airhead
勇者アッキー
じむや
じむや
シェアする
  • 161興味あり
  • 193経験あり
  • 58お気に入り
  • 136持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

じむやさんの投稿

会員の新しい投稿