マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~3人
  • 210分前後
  • 14歳~
  • 2009年~

マリアMC流れ弾のリプレイ日記(2019年6月6日)

127
名に読まれています
2019年06月06日 21時01分

 二度目のマリア。一度目はルールを勘違いし、本当はできない強行軍からの突撃戦によってアレンベルグが爆散して終わった。それぞれが前回とは違う国を担当。自分は白でした。


1ターン目 

様子見。

2ターン目

攻めようとすれば攻められる位置ではあるが、 は攻めては来ない。一方の   が北から攻め込んでくる。カードを使いたくないので1部隊損失で撤退。その後フランドルで を攻め、 も1部隊損失で撤退。可もなく不可もなくの立ち上がり。

3ターン目

両マップで が    を攻める。ボヘミアでは二ヵ所の大戦争の末、なんとどちらも引き分け。フランドルではアレンベルグが爆散。彼が死なない世界線はあるのか――。またプロイセンとザクセンの連合軍により がさらに二部隊散る。もう盤面に全然将軍がいない。


冬にはそれぞれが2部隊ほど兵力を追加投入。つまりプロイセン、ザクセン、国事軍もそれぞれ増え、 が圧倒的な状況に。 はこれを受けて、1ターンの停戦協定を結ぶ。この停戦はその後実に9ターン目まで毎度更新されることになり、各々が北方からの侵攻に対処することになった。


4ターン目

雌伏の時。とにもかくにも態勢を立て直す。

5ターン目

ザクセンと が戦闘。ザクセンは2部隊を損失。ここで皇帝選挙が起こり、 が勝利する。この時は軽視していたが後から考えるとこの皇帝の勝利点1は大きかった。

6ターン目

政局フェイズでザクセンが中立になり、以降は が操ることになる。史実でもザクセンはこれくらい信用できないので納得の振る舞いである。とはいえその前の戦闘で倒したのもザクセンだったので、少しもったいなかったような気も。ザクセンの手札を見るとものすごく偏っている。これと同時にプロイセンも除外されていた部隊を投入することに。

一方フランドルでは が補給できずにどんどん消えていく。やはりアレンベルグの死は大きかった。またも北方から が攻めてくるも、返り討ちにして は3部隊を失う。

7ターン目

政局によってザクセンがついにオーストリアと同盟関係を結ぶに至る。これを見越して中立時にザクセンを 本土に寄せておいた甲斐があった。シレジアでは大戦争が起こり、 はさらに3部隊を失う。フランドルでは周囲を囲まれた国事軍が敗北したことで将軍が二人消滅。これにて情勢が一気に変化した。とはいえこの国事軍の敗退は戦闘に関するルールの正しい解釈をここから適用した結果だったため、かわいそうではあった。

問題の爆散の図

8ターン目

  はシレジアの2~3要塞から撤退する代わりに、しばらくの停戦を に持ちかける。 がふっかけたため、交渉は破談に。その後両者は戦闘し、 は2部隊を損失。ここにきて一時は完全に占領されたシレジアの過半数の要塞が奪還された。

9ターン目

シレジアでは戦闘が続き、   は2部隊を損失し、将軍が一人除外された。

10ターン目

  の勝利点プールが残り1つになる。そしてついに停戦協定が終わり、   と が衝突。 は4部隊を失う。これによって勝利点が奪われ、勝利が遠ざかるかのように見えた。だがシレジア以北では はさらに攻勢をかけ、 勝利点獲得のために邪魔な 軍を退け、勝利点をすべて出すことに成功して勝利した。

(余談だがこのとき、   をどけられなかった時に備えて南方の侵入したバイエルンにも兵を差し向け戦闘を準備していたが、これは完全に悪手だった。)


感想

流れとしてはプロイセンが台頭し、フランスとオーストリアがそれに対処していくというシナリオでした。形勢が傾いてからはフランスとオーストリアのスピード勝負に。ボヘミアではプロイセンの補給部隊を潰せたことが大きかったし、フランドルではやはり2将軍殲滅が響いた。どのタイミングか忘れたので書かなかったが、提案されたシレジア併合をのまずに抵抗できたのもよかったと思う。二回目のためか皆補給の配置がうまく、フザールがぜんぜん機能しなかったのが少し寂しかった。フザールにはもっと独立心を持ってほしい。ザクセンを味方につけるしかないと思って政局に集中したのが功を奏したけど、これはワイルドカードを3枚くらい引いた運もありましたね。またもルールの解釈で情勢が変わってしまったのでまたプレイしたいところ。


追記

フランスと国事軍の取引もなにかあった気がするけどあんまりちゃんと聞いていませんでした。

勝敗プレイヤー名最終得点
MC流れ弾

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!

参加者 1人
2019年06月06日

このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 28興味あり
  • 36経験あり
  • 12お気に入り
  • 23持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力4
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘3
アート・外見2
作品データ
タイトルマリア
原題・英題表記Maria
参加人数2人~3人(210分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2009年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

MC流れ弾さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク