マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 60分前後
  • 8歳~
  • 2020年~

K2:最高峰エディションはたらかないおっさんさんのレビュー

171名 が参考
0名 がナイス
約2ヶ月前

ソロプレイで基本マップ表面を夏にアタックした感想です。

概要

順応度(いわゆる体力)を管理しながら、移動コストを消費しつつ山頂を目指すゲーム。2ターン毎に引くカードで移動力と順応度を獲得できるが、天候やリスクの影響で消費できる量が変動するため運の要素も適度に絡む。高度を獲得しつついかに18日間を過ごして生還するかがポイントになる。

自分のターンにやれることは移動、順応、テント設営しかないため、理解してしまえば毎ターンの選択はさほど複雑にはならない。小学生高学年くらいでも遊べそう。

戦術

高度が上がるほど毎ターン消費する順応度が大きくなるため、序盤で順応度を上げながら、山頂アタックに備えて順応度を稼げる高度にテントを張るのがカギになる。

最大5日先まで天候がわかるので、手持ちのリソースと天候影響範囲を睨みつつ、アタックするか登頂をあきらめて生還を果たすか、ギリギリの判断が必要。8000mの世界は危険度が高いということがよく再現されているし、準備を尽くし天候を読んでも、最後のアタックが成功するかは運も左右するあたりのバランスは絶妙。

プレイ人数について

ソロでも楽しめるが、ソロルールだとリスクの影響を常に受けるので、実は3〜4人プレイの方が難易度が下がるかもしれない。一方で各マスに入れる人数の上限が決まっているため、複数人プレイでは実際の登山で発生する「ルート渋滞」も起きそう。敢えて不利そうなルートを選択するなどの戦術も有効かも?

リプレイ性

カードの引きとリスクのランダム性、天候の変化などで毎回異なるチャレンジが可能。慣れてくるとマップ攻略のセオリーがある程度見えてきたりもするが、拡張も含めてマップが6枚、天候も夏と冬を選べるため、リプレイ性はかなり高い。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
K2:最高峰エディション 日本語版
K2:最高峰エディション 日本語版の通販
死と隣り合わせのスリル感
残り1点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 7,920(税込)
皇帝
はたらかないおっさん
はたらかないおっさん
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 100興味あり
  • 119経験あり
  • 44お気に入り
  • 163持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力8
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見9
作品データ
タイトルK2:最高峰エディション
原題・英題表記K2: Big Box
参加人数1人~5人(60分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2020年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿