マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 90分~120分
  • 12歳~
  • 2020年~

ディテクティヴ:シーズン1はたらかないおっさんさんのレビュー

191名 が参考
1名 がナイス
約1ヶ月前

捜査チームの体験度は非常に高い

捜査のプロセスで得られる情報がデータベースに登録されており、自分たちが実際に捜査の手がかりを目視できるのがこのゲームの没入感を高めている。例えば防犯カメラの映像、関係者の証言、電話の利用履歴といったナマの情報だけが提示され、解釈は一切提供されない。そこから何を読み取り、どう判断するかはプレイヤーたちに委ねられる。

こうした断片的に得られる情報を実際に組み合わせて推理し、この人物はアリバイがある、この人物は動機が弱い、など判断して事件の真相に迫っていくプロセスは「捜査をしている感」が非常に高い。「FBI」シリーズなど海外物のミステリドラマの雰囲気に非常に似た体験ができる。

最適プレイ人数は1〜3人か

人数が増えると深掘り調査に使えるトークンが減らされるため、情報収集が若干不利になることを考えると、複数人プレイなら3人がベストか。ただしルール上は最大5人となっているが、6人以上でワイワイやりながらでも実際にはプレイ可能。人数が増えることで「文殊の知恵」が出てくる可能性はあがるかも、程度なのでプレイアビリティを損ねることはあまりない。

一方で人数が多くても少なくても、与えられる情報は基本的に変わらないため、ソロプレイでも充分同じ体験ができる(さしずめ事件に関わる私立探偵的な役回りのロールプレイだと思えば良い)。

最適年齢は中学生くらいからかな。小学生だとちょっと退屈するかも。

総当たりを防ぐ時間経過システム

本来の事件捜査には時効以外に時間の制約はないはずで、捜査対象は全部深く調査ができるはずだが、このゲームでは何かを調査するたびに時間が経過していき、一定時間経過で「最終報告書」の提出が求められる。これが良い塩梅で総当たりを防いでおり、重視すべき捜査対象をうまく選びながら捜査を進めないと肝心な情報を掴むことすらなく報告書提出を求められることになってしまう。

ホワイトボード推奨、捜査会議のノリを楽しもう

重要人物の顔がカードで提供されるため、その下に名前を書き、関係者の相関図を作ったり、動機やアリバイの有無などで対象を絞り込むようなプレイが楽しいのでオススメ。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
バケオ
ディテクティヴ:シーズン1 完全日本語版
ディテクティヴ:シーズン1 完全日本語版の通販
アメリカ合衆国の特務捜査機関アンタレスの捜査官となり、 仲間と協力して事件を解決しよう!
残り2点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 4,400(税込)
皇帝
はたらかないおっさん
はたらかないおっさん
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 33興味あり
  • 37経験あり
  • 5お気に入り
  • 65持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルディテクティヴ:シーズン1
原題・英題表記Detective: A Modern Crime Board Game – Season One
参加人数1人~5人(90分~120分)
対象年齢12歳から
発売時期2020年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿