マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 9歳~
  • 2018年~

イヌがきた82BGさんのレビュー

241
名に参考にされています
2018年05月11日 23時57分

☆5

犬を飼いならすか喰われるのかの命懸けの焚火が始まる

 

焚火の周りに棒を並べます。これらの棒は肉(茶色)炭(黒)火(赤)を表します。

これらの肉か炭が無くなるとラウンドが終了し、犬を手懐けたり嚙まれたりと処理が行われラウンドが終了。5ラウンドを経て生きているプレイヤーの中で、沢山犬を飼っているプレイヤーが勝利です。

ちなみに、自分の手持ちの人が全員倒れると脱落します。

 

手番でやることは3つあって

1 特殊サイコロ3つ振ってから、出目を2つ採用してその色の棒を計2本もらうか。または出目の色が揃うとイベントが行われたりします。

2 自分の持っている棒と焚火に置いてある棒を交換します。ちなみに火は肉2本か炭2本に交換ができます。

3 肉2本を場に戻すことで人を回復する。

 

これらが手番で順繰りに行っていきます。そして、肉か炭が無くなることでラウンドが終了するのですが、肉が無くなるか炭が無くなるかで後の処理が違います。

 

・肉が無くなると『犬の餌づけ』ということで、肉2本につき犬が得点化されます。

・炭が無くなると『犬の襲来』ということで、肉の数だけ犬が襲ってきます。

「肉2本」「炭+火」のペアごとに犬一匹を対応できます。そして、対応できなかった犬の数だけ、人が倒れます。

 

ってな感じにしてラウンドが終了して、次のラウンドへ進んでいきます。

 

あと補足としては、サイコロ振った出目によってはイベントが行われます。

ちなみにイベントが発生した際はスティックをとることが出来ずに以下を行います。

・肉が3つ揃う・・・『犬の餌づけ』を行ないます。そして、処理に使った肉を場に戻します。

・炭が3つ揃う・・・『犬の襲来』を行います。そして、処理に使った物を場に戻します。

・火が3つ揃う・・・火を3つ以上持っているプレイヤーの人が1人倒れます。そして火を場に戻します。

・肉と炭と火・・・任意のプレイヤーから棒を1本奪うことができます。

 

イベントは行われた後もラウンドが継続します。

そんなこんなで5ラウンドでゲームが終了して、人がまだ残っているプレイヤーの中で犬を沢山持っているプレイヤーの勝利です。

 

 

う~ん。あまり自分には合わなかったです。

ラウンド終了によるイベントにて、肉を取り過ぎていいかのジレンマは面白いとは思ったのですが、イベントの内容があまり好きでないです。

ゲーム中イベントによって、思いがけない得点や人が倒れたりとかは一興する要素ではあると思います。

ただ、たまたま自分が遊んだ卓が悪かったのかイベントが頻繫に行われました。そして、それが起きる度に場がもとに戻るのでラウンド終了の終息性が悪かったです。

ラウンドは3ぐらいにしてもっとイベントが起こる確率が減りつつ、イベントの種類も減ったら単純に面白いような…

 

サイコロは3つ内容を変えて

本来は[火火肉肉炭炭]が3つなのですが[火肉肉肉炭炭] [火火肉炭炭炭] [火火火肉肉炭]という異なるサイコロ3つにして、同じ内容3つ揃う確率を減らします。

異なる3つで強奪するイベントを無くすなんていかがでしょうか。

単純なダイスゲームではあるので、煩雑にせずもう少し早く終息したら、もう少し好きだったと思います。


コンポーネントの作りは凄く好きなので何かルール改良や同じコンポーネントで別のゲームが遊べたら、また遊びたいです。

 

遊評:☆5

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
82BGさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 12興味あり
  • 21経験あり
  • 1お気に入り
  • 20持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力2
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見2
作品データ
タイトルイヌがきた
原題・英題表記Here Comes the Dog
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢9歳から
発売時期2018年~
参考価格2,700円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

82BGさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク