マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 45分~60分
  • 10歳~
  • 2018年~

ドゥッベatcktさんのレビュー

94
名に参考にされています
2019年06月04日 12時11分

ちょっと変わったトリックテイキングゲームです。各色にプラス点、マイナス点がゲームが進むうえで付いていき、リードカラーによって引き取らなければなりません。おふざけのようなイラストですが、考えて出さないと勝てません。


▼ゲームの概要

カードを1枚ずつ順番に出し、一番強いカードを出したプレイヤーがカードをすべて取り、次の1枚を最初に出す、トリックテイキングのカードゲームです。

また、最初に出されたカードに可能な限り、同じ色のカードを出さなければならない、マストフォロー。

そして、その色よりも強い色のある切り札があるタイプです。


うーん、ちょっと説明しづらいゲームなので、ここからはやや専門的に書いていきます。

このゲームで得点しようとすると、トリックに勝ってタイルを手に入れ、その上に載っているサイコロの数字分の得点を得ます。

さて、このタイルとダイスはどうなっているかというと、最初にその色のカードがリードされたときに、その色が「初めてリードされた色」だった時に、その色のダイスを取って、タイルの上に1の目を上にしておかれます。

タイルは登場の順番が決まっていて、プラス点やマイナス点が描かれています。

例えば、赤いカードが初めて出されたら、タイルを取って、赤いダイスの1を目を上にのせて、そのトリックに勝ったプレイヤーに渡されます。


さて、得点の入り方は、「最後に持っていたプレイヤー」がその得点を得るのですが、もう1つあります。

それは「ほかのプレイヤーがとった時」にもともと持っていたプレイヤーが得ることになります。

この時、先の例でいうと、赤いカードでのリードがあり、ほかのプレイヤーが勝ったとします。そうすると、元あったプレイヤーには1点入り、そのタイルとダイスごと、勝ったプレイヤーのもとに行きます。この時、ダイス目を1つ上げ、2の目にします。


タイルにはマイナス点、そして出せるカードがマストフォローから、なんでも出せる「メイフォロー」に変わるタイルがあって、後半に進むにつれ、1波乱も2波乱も用意されています。

そこをなんとかうまく立ち回って、規定ラウンドで得点を競います。



▼プレイの感想

トリテが分かっていて、新しいトリテを遊びたいんだ! という人に向けたゲームですね。

初めてトリテを遊ぶときに用意すると、多分に混乱すると思います。


とはいえ、トリテを遊んだことがある人でも、うまく勝ち方が分からない、ということになるかも。でも、それがうまく経験値につながりそうなゲームかなぁと思いました。

特に切り札を決めるとき、そしてリードカラーを決めるのは、ほかのトリテではもちろん重要ですが、このゲームではもっと重要になっている気がしました。


得点がじりじりつくタイプのゲームなので、逆転が難しいのが難点ですが、難しいトリテを遊びたいんだ! という人には合うんじゃないかなぁ。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • きむにぃ
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 43経験あり
  • 2お気に入り
  • 41持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルドゥッベ
原題・英題表記Dubbe
参加人数2人~5人(45分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿