マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 2013年~

ぼららだ!~僕らのLIVE 君とのDICE~病む坊麻婆さんのレビュー

101
名に参考にされています
2018年04月15日 17時32分

イメージとしてはプレイヤーが「スクフェス」をやっている、というものが近いと思われます。


参加プレイヤーの数だけ提示されている課題楽曲から、自分が挑むものを決め、要求されたダイスの出目結果を出すことを目指します。

各楽曲の一番上の難易度は、そのままでは達成するのが非常に難しいでしょう。

そこで、手持ちのスクールアイドルたちの手助けを借りることになります。

スクールアイドルの手助けは2種類あります。

・ダイスを振る前に発揮し、いくつかのダイスがすでに振られ、一定の出目が出たことにする

・ダイスを振った後に発揮し、特定のダイスに特定の効果が発揮される

前者は確率依存がなく確実に進められますが、1曲に対し1枚しか使えません。

後者は条件(ある出目がある等)が必要ですが、何枚でも使用できます。

とはいえ、各ターンごとに決まってもらえるカードは少ないので、浪費には注意が必要です。


複数のプレイヤーが同じ楽曲に挑戦しようとしたときは、「LIVEバトル」が発生します。

その楽曲をクリアする(獲得する)には、条件を満たしたうえで相手よりも良い結果を出す必要があります。

できれば多くのカードを使用して勝ちたいところですが、逆に何も使わずに、バトル負けによるスクールアイドルの追加を狙う盤面もあるかもしれません。(さらに一番簡単な条件を達成しなければもう一枚もらえるのでこちらも狙いたいところです)


最終的に楽曲カードがすべて尽きたら、各プレイヤーの所持得点の多い人が勝ちとなります。

楽曲カードは追加パックを含めなくてもかなりの枚数がありますので、最初に削っておくと時間の短縮になり良いと思います。(全部含めてプレイすると2~3時間はかかり、途中から作業化する可能性もあるので)




0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
病む坊麻婆さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 4経験あり
  • 2お気に入り
  • 8持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルぼららだ!~僕らのLIVE 君とのDICE~
原題・英題表記Borarada
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢未登録
発売時期2013年~
参考価格1,500円
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体未登録
拡張/関連元ぼららだ!拡張カードセット1(Music S.T.A.R.T!!)(2014年)ぼららだ!拡張カードセット2(それは僕たちの奇跡)(2014年)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク