マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

バッド・モーテルBad motel

6/10

『天空の島ラピッタ』をはじめ、ギリギリアウトなゲームをつくり続ける「ラブリー会」のホラーゲーム。

ちなみに今作は、ギリギリどころか普通にセーフなゲームである笑

ちょっと前に話題になった「怖い」を追求したゲーム『ハコオンナ』のデザイナーが、怖いボードゲームの代表作としてあげていたゲームでもある。

舞台はモーテル。そこに集まった4人が殺人鬼に追いかけ回されるという鬼ごっこのテーマがまさにホラー。

システムとしては、人狼のように非公開でキャラクターが配られ、アンダーカバーのようにプレイヤーは手札から任意のキャラクターのカードを出せば、そのキャラクターを進ませることができる。

ただし、ハゲタカのえじきのように数字がかぶってしまうと動くことができない。

全員がカードを出して移動させたら、殺人鬼が移動し、これに追いつかれると、HPが減ってしまう。

ちなみにゲームの中には殺人鬼から身を守る隠れ場所もあり、ここで回避もできるが、1人しか入れないため、後から入ってこられると追い出されてしまう笑

また、このゲームでは、HPが0になっても死亡にはならず、気絶状態となる。つまり、後から復活可能。

他にも多くのマスには止まると、アイテムタイルが裏向きで置いてあるので、これを表にする。

アイテムには、武器になるのもあれば、殺人鬼が移動してくるのもあったりといろいろある。

そして、ラブリー会のデザイナーが好む手法でもある3つのゴールタイルをめくることによって、そのタイルに沿った出口が決定する。その出口から1番最初に出たプレイヤーの勝利となる。

ちなみに全員気絶すると、全プレイヤーの負けとなる。

このゲームの面白いところは、最初はゴールを見つけるべく、そこそこ全プレイヤーでアイテムタイルを見つけようとする協力プレイっぽい動きをするのだが、だんだんゴールへの道筋がわかるようになったときに、途端に人間のエゴが顔を出してきて対決プレイになるところだろう。

プレイ時間もテンポがよく、思っているよりも早く終わるところも良い。

システムもプレイ感も斬新で評価7にしたいところだが、やはりコンポーネントやゲームバランスには同人感を隠しきれず(というかラブリー会のゲームはもうそれが1つの魅力にもなっているといえなくはないのだが)、やはりそこが気になるのと、ゲーマーにとっては粗いし、カジュアル層にとっては見た目が微妙でとっつきにくいので、プレイ層の幅を考慮して、評価は-1とした。

といっても、今までにない新しいシステムをやってみたいという見た目よりもシステム派の人にはいいかも。

今となってはなかなか手に入らないレアゲーになってしまったが、ハコオンナのホラー性に興味を持った方は、そのハコオンナのデザイナーの方が注目していたホラーゲームとして、もしお目にかかる機会があったらやってみるのもいいかもしれない。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:白州
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 3経験あり
  • 1お気に入り
  • 2持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルバッド・モーテル
原題・英題表記Bad motel
参加人数2人~4人(20分~40分)
対象年齢13歳から
発売時期未登録
参考価格2,000円
クレジット
ゲームデザイン矢部(Yabe)
アートワーク矢部(Yabe)
関連企業/団体ラブリー会創作ボードゲーム研究室
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 39
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月17日 06時03分

    6/10『天空の島ラピッタ』をはじめ、ギリギリアウトなゲームをつくり続ける「ラブリー会」のホラーゲーム。ちなみに今作は、ギリギリどころか普通にセーフなゲームである笑ちょっと前に話題になった「怖い」を追求したゲーム『ハコオンナ』のデザイナーが、怖いボードゲームの代表作としてあげていたゲームでもある。舞台はモーテル。そこに集まった4人が殺人鬼に追いかけ回されるという鬼ごっこのテーマがまさにホラー。システムとしては、人狼のように非公開でキャラクターが配られ、アンダーカバーのようにプレイヤーは手札から任意のキャラクターのカードを出せば、そのキャラクターを進ませることができる。ただし、ハゲタカのえ...

    白州さんの「バッド・モーテル」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク