マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 10分~20分
  • 6歳~
  • 2010年~

原子モデルカードゲームよーださんのレビュー

98
名に参考にされています
2018年10月06日 14時10分

娘が小学生のときに理科,特に化学につまづきだしたときに思い立って購入したのがコレ.カードに元素記号が記載されており,それを順番に山札から引いて分子が作成(合成?)できたら,「結合」と宣言して表に出し,難度に応じた点数がもらえるというゲーム.

手持ちできるカードの枚数に制限があるため,高得点を狙いたい場合は不要カードを捨てることになります.すると,何ターンも点数が入らないというリスクもあり,ほどよいジレンマとなっています.

オリジナルの分子と得点の対応表は,炭素を含む有機物が冷遇されているように感じましたので,ギ酸,アセトニトリル,ジクロロメタンなどを加えた点数表をパワーポイントで自作して使っています.

点数計算は,カルカソンヌのボードを使ったり,紙にメモして最後に足し算する2通りを使っています.前者のほうが合計得点がリアルタイムでわかるため,勝負としては面白いと感じています.

場に出せない時に「実験中」と宣言して次のプレーヤーに回るのですが,これを言うことと,点数の大きい分子が完成した時に誇らしく表に出せるのが子供たちには楽しいようです.小1の息子が「硫黄が出ないかな」とか「酸化銅!」などと言う姿には先々理科好きになってくれるかも,という期待を感じさせられます.

※娘は中学にあがりましたが,このゲームの効果のほどは確かではありません.


0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
よーださんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 10興味あり
  • 3経験あり
  • 3お気に入り
  • 7持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル原子モデルカードゲーム
原題・英題表記Atom Model Cards
参加人数2人~6人(10分~20分)
対象年齢6歳から
発売時期2010年~
参考価格520円
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体株式会社アーテック(Artec)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク