マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 5分~15分
  • 7歳~
  • 2023年~

アルピッスレモネードさんのレビュー

250名
4名
0
19日前
レーティングが非公開に設定されたユーザー

カードやボードを使用しながらも、

実際に手を使ってじゃんけんをするとゆう、

ちょっと変わったゲームです。友人たちと4人でプレイました。


めちゃ盛り上がったわー、

まさかジャンケンをこんな風にゲームにするなんて!


お馴染みのグー、チョキ―、パー を別の指の形にしたら面白いんちゃう?

ってゆう発想のもと、色んな指の形の手がドンドン出てきて。

たぶん、作ってる時も楽しかったやろーなー。

「この指の形はラビットにしよ―」とか、

「フレミングって名前にしよー」とか。


ルールは簡単で

まず真ん中に手ボードを置き、指スティックを

グー、チョキ、パーになるように配置します。


この手ボードと指スティックの仕組みがよく出来てて、

指スティックを動かすことで、あらゆる指の形を作ることができ

これを見るだけで、なるほどーって感心しちゃいます。


んで、手カードなるものがありまして、

ここには、あらゆる指の形とその名称が書かれてます。


例えばありがちな形として、

親指だけを立てた手で「いいね」とか

中指、薬指、小指だけを立てて「オッケー」とかあります。


この手カードを伏せて山にして配置し

全員に3枚ずつ配り手札とします。


後は、みんなでじゃんけんをして、

勝った1人が指スティックを1本動かすだけ。


指スティックは手ボード上で好きに動かすか

ストックにあるものを手ボードに付け足すか

手ボードから取り除くのどれかができます。


ただしこの時、あたりまえですが、

同じ形の手が2つ以上できるような置き方はできません。

(勝敗が決まらんようになるから)


指の形が変わっても、

グー、チョキ、パーの元の強さの属性はそのまんまです。

つまり、今までグーとして出していたグーの形が

親指だけを立てた「いいね」になったりするわけです。


ゲームでは、こーやって指スティック1本を動かしたら

またじゃんけん→勝者が指スティックを動かすを続けていきます。

最初はグー、チョキ、パーの通常の形がジャンケンを繰り返すうちに

ドンドン変わっていきます。


グー、チョキ、パーってのは

小さい頃から体にしみついてて、反射的にサッと出せますが、

これが違う形になると、サッと出すのに意外と集中力がいりまして、

頭ではわかっていても、混乱しちゃいます。


だから、手ボードで示されてない形の手を

間違えて出したりすることもあるわけです。

そーゆう者は問答無用でじゃんけんの負けになっちゃいます。


このゲームの勝敗は、ドンドン指の形を変え、

自分の手札にある形になれば、そのカードをプレイでき、

同じ色のカード3枚を自分の前に出すか、

3種類の色のカードを1枚ずつ出すかすれば

それらのカードとトロフィーカード1枚を交換でき、

トロフィーカード3枚をいちはやくそろえた者が優勝です。


なので、指スティックを

自分の手札の形になるように動かさなくてはならず、

そのためには、そもそもジャンケンで勝たなくてはなりません。


(ちなみに、他のプレイヤーが動かした指の形が偶然、

自分の手札の形になっても出せますが、そんなにないです)


だからジャンケンに勝つために

最低でも、手ボードの形の手を出さなくてはならないのですが、

これが、思ったよりムズイっす。


勝つために手を出すより、間違った手を出さないように、

ジャンケン前にその指の形を体に覚えさせるのに必死で、

ちゃんと出せるかどうかの勝負になったりします。


一応、じゃんけんの時、

「最初はピース、アルピッス」ってゆう掛け声があるのですが、

この一瞬で、覚えた手の形、忘れちゃうねんなー。


そうかと思えば、

グーとかが例えば「いいね」とかの簡単な形で

パーが、「弱デコピン」(人差し指と中指と小指だけを伸ばす手)

みたいに難しい手だと、

皆、手を間違えないようにするため「いいね」を出しがちになり、

そんな中、あえてムズイ手に挑戦して勝てたりとか、


グーがチョキの手になったり、パーがグーの手になったりするとゆう

爆笑現象が起こったりもします。


大人が、喜々として、

じゃんけんに夢中になってる姿って、なんか平和やん。


単純なじゃんけんが、

こんな楽しい指遊びになっちゃうなんて

考えた人のアイデアに脱帽です。


とゆーわけで、じゃんけんに無限の可能性を見たい方は

ぜひともプレイしてみてくださーい。

この投稿に4名がナイス!しました
ナイス!
藻
じむや
鳴屋
びーている / btail
超進化系じゃんけん アルピッス
超進化系じゃんけん アルピッスの通販
超進化系じゃんけん
1~2営業日以内に発送
日本語ルール付き/日本語版
セール中
¥1,782(税込)
¥ 1,980(税込)
10%オフ(¥ 198
セール期限まであと約1ヶ月
レモネード
レモネード
シェアする
  • 12興味あり
  • 27経験あり
  • 6お気に入り
  • 18持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

レモネードさんの投稿

会員の新しい投稿