マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

七王国の玉座:第2版A Game of Thrones: The Board Game Second edition

六つの家門に玉座は一つ。勝つか死ぬかの王位争奪戦略マルチゲーム

七王国の玉座:第2版は同名のファンタジー小説を原作としたボードゲーム作品の新版です。初版と各種拡張を一つにまとめて一部ルールが改訂されているため本作だけで最大6人までのプレイヤーが「鉄の玉座」をかけた王位争奪戦に参加出来ます。

プレイヤーはウェスタロス大陸に領地を持つ諸名家の一つを担当して、時に軍勢をぶつけ合い、時に手を取り合って、いち早く七つの城を支配し、大陸の覇者たる証「鉄の玉座」を継承するために策を巡らせます。

登場する家門は全部で六つ。北方の雄スターク家、鉄諸島の支配者グレイジョイ家、西の成金ラニスター家に南の異邦マーテル家、陸軍大国タイレル家と野望を燃やす新鋭のバラシオン家。

立地や軍事力、それぞれの異なる政治的立場は各家の思惑を錯綜させます。近隣の家と同盟を結んで外敵に備えるのも良いでしょう。はたまた遠国と袂を連ねて地盤を固めるのも良いでしょう。
もちろん戦争ばかりのゲームではありません。突発的にやって来る野人の脅威には共同で対抗しなければなりませんし、戦いを有利に進めるためにはより多くの権力を集めて自家の影響力を高める必要があります。

しかし何より大事なのは他者に先んじて王国を支配する戦略です。常に冷静に、どんな状況でもしたたかに、権謀術数の限りを尽くして、混沌の王国を統べることが出来た者だけが「鉄の玉座」に腰を下ろす資格を得るのです。

推定2時間超え、インストだけでも1時間は軽く掛かる文句なしの重量ゲーム。原作ファンもそうでない方も、是非6人の有志を募ってお楽しみください。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 大石大石
マイボードゲーム登録者
  • 15興味あり
  • 8経験あり
  • 3お気に入り
  • 12持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘4
アート・外見0
作品データ
タイトル七王国の玉座:第2版
原題・英題表記A Game of Thrones: The Board Game Second edition
参加人数3人~6人(180分~200分)
対象年齢14歳から
発売時期2011年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 1件

  • 265
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月31日 23時24分

    長らく押入れの肥やしとなっていた重量級ゲームも時間と場所の制限がない実家なら遊べるはずだと、が勇んで取り出したのは「七王国の玉座:第2版」。原作の方は小説もドラマも一切見たことがないがパッケージの雰囲気と高めの評価を見て衝動買いしたゲームだった。概要中世ファンタジー的な世界観で繰り広げられる陣取りゲーム。メインシステムは同時プロット方式でプレイヤーは自分の領地(軍事ユニットが配置されている土地)に五種類の命令を伏せ、一斉にオープンし、順番に解決していく、と言うもの。ボードの各地に城、または要塞を有する土地が点在しており、10ターンの間にその内の七つを領有した人の勝利。10ターン経っても誰...

    大石さんのリプレイを読む

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク