マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

4ステップ4STEP

カードの分配を行う2人用ゲームです。
カードのマジョリティを決算で2回やるちょっと特殊なゲームです。


▼ゲームの概要

カードには6種類あり、それらの分配(ドラフト)を行い、ゲーム終了時にカードの総枚数が多いプレイヤーが勝利する、2人用のゲームです。

イラストや図形名で説明するとすごくわかりにくいので、写真はあまり参考にしないでください。

まず、山札が3つあります。自分の山札、相手の山札、そして共通の山札です。カード構成はあらかじめ決まっていて、プレイヤーの山札には3種類だけ、共通の山札には4種類のカードがあります。

これらをドラフトするのですが、カードを取得しておく場所が2つあります。それは自分の前か、手札です。

これ以外にボーナスに関係する中央の場(どんどんカードが置かれていく)があります。

ここまで前段で覚えておいてください。


スタートプレイヤーを交互にやって12ラウンドやればゲームが終わります。
1ラウンドはそれぞれが別々の指定されたアクションを行います。

スタートプレイヤーは手札がありません。相手プレイヤーは自分の山札から2枚、共通の山札から2枚の合計4枚持った状態で始めます。

1ラウンドは以下のようになります。
プレイヤーはAとBとしましょう。

A 自分の山札から2枚、共通の山札から2枚引く
B 自分の手札から3枚相手に見せる
A 見せられた3枚から2枚を選んで、中央に表向きに置く。
B 残った1枚は裏向けて自分の場札として取る。

分ったでしょうか?
ドロー、手札から3枚出す、2枚は場札、1枚は自分の札。ということです。


これを繰り返していきます。
で、12ラウンド後得点計算となります。

まず、ボーナスのチェックです。伏せた1枚ずつ、合計6枚のカードを表向け、種類ごとに多い方のチェックを行います。多い方が1枚ボーナスでもらいます。

そして、そこに手札を足します。ドローは4枚、出すのは3枚なので、カードは手札にたまっていくのです。

で手札を足して、種類別に見て、多い方がその種類の中央の場札を全部取ります。こうして、取ったカードをすべて数えて多い方が勝ちます。


▼プレイの感想

テキストで書くとすごくわかりにくいのですが、やり始めるとすぐにわかります。そういう意味で、テーマがあればよかったのですが、それが無いため、ルールを読んでも、何をしているかさっぱりわからず、遊べない、という人も出るかもしれません。

でも、遊べたら、おぉ、これは。と思うことがあるかもしれません。
私は結構ポテンシャルはあるだろうな、って感じています。実際、テーマとイラストを乗せて遊ぶともっと面白くなりそうな気がします。

ちょっと分かりにくいアクションもあるので、その辺りをテーマに合わせて再整理すると良さそうな気がします。

色々書いていますが、それくらいポテンシャルはあるかなって感じました。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:atckt
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 0持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル4ステップ
原題・英題表記4STEP
参加人数2人用(15分~20分)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格1,000円
クレジット
ゲームデザインクノン(K'nnon)
アートワーククノン(K'nnon)
関連企業/団体高天原(Takamagahara)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 35
    名に参考にされています
    投稿日:2017年04月03日 22時34分

    カードの分配を行う2人用ゲームです。カードのマジョリティを決算で2回やるちょっと特殊なゲームです。▼ゲームの概要カードには6種類あり、それらの分配(ドラフト)を行い、ゲーム終了時にカードの総枚数が多いプレイヤーが勝利する、2人用のゲームです。イラストや図形名で説明するとすごくわかりにくいので、写真はあまり参考にしないでください。まず、山札が3つあります。自分の山札、相手の山札、そして共通の山札です。カード構成はあらかじめ決まっていて、プレイヤーの山札には3種類だけ、共通の山札には4種類のカードがあります。これらをドラフトするのですが、カードを取得しておく場所が2つあります。それは自分の前...

    atcktさんの「4ステップ」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク