マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~20人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 1956年~

ヤッツィーとものけいさんの戦略やコツ

50
名に参考にされています
2020年07月26日 12時57分

勝利へのヒント、高得点のコツを載せています。参考になれば幸いです。

①ポーカーと違う点

スリーカードやストレート、フルハウスなど、ヤッツィーはトランプのポーカーと同じ役を持つ共通点があります。
トランプとダイスも一定のランダム性を持つというところでも共通しています。
では、どこがルールとして違っているかというと、ヤッツィーは同じ役は2度コールできないという点です。
そこで「いかに効率良く役をコールするか」がポイントとなります。

②ストレートとフラッシュは同時には狙えない

ルールはいくつかありますが、ストレートの役を含むルールはメジャーです。
このストレートを除くと、あとはだいたいが同じダイスの目を一定数集めるフラッシュ系の役となります。
この、ストレート系役(ほとんどのルールでは大きいストレートと小さいストレートの2役)をきちんと押さえることがまずはひとつのポイントといえるでしょう。

③効率的なストレート系役のコール方法

効率的にストレート系役をコールするポイントは「狙わない」ということです。
サイコロ5個のパターンは7776通り。
小さいストレートのパターンは960通りで、12.3%の確率。
大きいストレートのパターンは240通りで、3.1%の確率。
つまり基本のルールだと13回ダイスロールを行うので、第一投で小さいストレートが1~2回は出る計算なのです。
第一投で小さいストレートが出たときに大きいストレートを狙い、あとはフラッシュ系を狙い続けるのがおすすめです。


《この記事は適宜、加筆・修正を行います》

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
とものけいさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 36興味あり
  • 254経験あり
  • 35お気に入り
  • 59持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率8
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルヤッツィー
原題・英題表記Yahtzee
参加人数1人~20人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1956年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

とものけいさんの投稿

会員の新しい投稿