マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 40分~70分
  • 10歳~
  • 2019年~

ウイングスパンHideさんのルール/インスト

82
名に参考にされています
2020年10月19日 21時43分

1)ゲーム名:ウィングスパン

2)勝利条件:4ラウンド終了時に、勝利点が最も高いプレイヤー勝利者

3)勝利点の計算方法:

①プレイした鳥カードに書いてある勝利点の合計

②ボーナスカードの条件を達成した場合の勝利点の合計

③各ラウンドの終了時目的を達成した場合の勝利点の合計

④鳥カードの上にある卵トークンの数、餌トークンの数、鳥カードの下に差し込んだカードの枚数の合計

4)ゲームの準備

①鳥カードをシャッフルして山札を作成する。その後、上から3枚を引いて場に公開する。

②各種餌トークンと卵トークンを全プレイヤーが手の届く場所にまとめる。(共通在庫)

③餌箱型ダイズタワーを場に置き、5個のダイズを後ろから入れて振る

④目的ボードを「緑の面」、「青の面」のどちらを使用するか決めて中央に置く。

⑤目的タイルをランダムに選び、さらに表面・裏面もランダムに選び、目的ボードに4枚配置する。

⑥ボーナスカードをシャッフルして山札を作成する。

⑦各プレイヤーは、個人ボード1枚、アクションコマ8個、ボーナスカード2枚、鳥カード5枚、餌トークン5個(無脊椎動物、種子、魚、果実、げっ歯類)を受け取る。

⑧鳥カード5枚と餌トークン5個、合計「10」の中から、任意の鳥カードや餌トークンを選び、全部で「5」となるようにする。選ばなかった鳥カードは捨札に、餌トークンは共通在庫に戻す。

⑨ボーナスカード2枚のうち1枚を選び、もう1枚を捨札とする。

⑩親プレイヤーを適当な方法で決め、親は親マーカーを受け取る。

5)ゲームの進行

各プレイヤーは自分の手番中に以下のいずれかのアクションを行う。

①手札の鳥カードをプレイ:手札で持っている鳥カードを、森林、草原、湿地のいずれかの生息地の最も左側で空いているマスに配置する(鳥カードに生息地のマークが描かれており、その環境にしか置くことはできない)。一番左側のマスに配置する時は、卵を消費しないが、2〜3マス目では卵1個、4〜5マス目では卵2個が必要になる。

さらに、鳥カードの左上に描かれている餌コストも必要である。これら全てを満たさないと鳥カードをマスに置くことはできない。

②餌の獲得と森林の鳥能力の起動:プレイヤーの個人ボードにある「餌の獲得」と書かれた行の最も左側の空いているマスにアクションコマを1個配置する。そしてそこに書かれているダイズの数だけ餌箱にある餌ダイズを取り、餌箱の外に移す。そして移したダイズの上面に描かれている絵と同じ餌トークンを共通在庫から受け取る。餌箱のダイズが残り1つの場合、無い場合、餌箱の餌ダイズの上面の絵が全て同じ場合には、振り直すことができる。

なお、餌ダイズの面に2種類の餌が描かれている場合は、どちらかの餌トークンのみを獲得できる。また、マスによっては、鳥カードを1枚捨札にすることによって、追加で餌トークンを得ることができる。

次にアクションコマを左マスに移動させ、鳥カードの能力で「起動時」と書かれている効果を順番に発動していく。アクションコマが左端に達したら手番は終了する。

③産卵と草原の鳥能力の起動:プレイヤーの個人ボードの「産卵」と書かれた行の最も左の空いているマスにアクションコマを配置する。そしてそこに書かれている卵の数だけ、個人ボードに配置してある鳥カードの上に置くことができる。同じ鳥でも別の鳥でも構わない。ただし、鳥カードに書かれている卵の配置数の上限を超えることはできない。

餌の獲得と同様に、アクションコマを左マスに移動させ、鳥カードの能力で「起動時」と書かれている効果を順番に発動していく。アクションコマが左端に達したら手番は終了する。

なお巣の種類は4種類あるが、星型はワイルドカードとみなしてラウンド終了時目的やボーナスカードで使用することができる。

④鳥カードの獲得と湿地の鳥能力の発動:プレイヤーの個人ボードの「鳥カードの獲得」と書かれた行の最も左側の空いているマスにアクションコマを配置する。そしてそこに書かれているカードの数だけ、カードトレイでオープンになっている3枚の鳥カードか、山札の1番上から選んで引き、手札に加える。マスによっては卵を使用することにより、追加で鳥カードを手札に加えることができる。

餌の獲得と同様に、アクションコマを左マスに移動させ、鳥カードの能力で「起動時」と書かれている効果を順番に発動していく。アクションコマが左端に達したら手番は終了する。

①〜④のアクションを各プレイヤーが繰り返し、手持ちのアクションコマが無くなるまでプレイする。手持ちのアクションコマが無くなったら、ラウンドが終了する。

各ラウンド終了時に、目的ボードに置かれている「ラウンド終了時目的」の達成状況をプレイヤー間で比較し、順位をつける。4ラウンド目が終わるとゲームが終了する。

4ラウンド終了時には、「ラウンド終了時目的」だけでなく、「ボーナスカード」に書かれている条件を満たした分だけ勝利点を加算し、合計の勝利点で勝者を決めます。

以上

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Hideさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 730興味あり
  • 1463経験あり
  • 631お気に入り
  • 1150持ってる
プレイ感の評価
運・確率65
戦略・判断力63
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見73
作品データ
タイトルウイングスパン
原題・英題表記Wingspan
参加人数1人~5人(40分~70分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格6,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Hideさんの投稿

会員の新しい投稿