マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ウサこまはゾンビになりたくなくて困っていますUsakoma ha Zombee ni Naritakunakute Komatteimasu

ウサギとゾンビに分かれて鬼ごっこ(ゾンビ鬼)

ゾンビ鬼という遊びを知っていますか?
鬼ごっこに似ている遊びですが、ゾンビにタッチされたら鬼が交代するのではなく、鬼が増えます(もともと鬼だった人はそのまま)。

このゾンビ鬼をボードゲームにしたのがこの作品。
プレイヤーがウサギチームとゾンビチームに分かれてのチーム戦です。

基本的には両チームともサイコロを振って、ダンジョンマップ内を移動します。
ウサギチームの目的は、ダンジョンからの脱出、脱出可能な扉とその扉の鍵を探索します。
ゾンビチームの目的は、全プレイヤーのゾンビ化、探索中のウサギと勝負して勝てばゾンビ(仲間)になります。
勝敗はサイコロの出目で判定。
その他、ウサギもゾンビも特殊能力やアイテムがありますが、基本的にはこれだけ。
「ハコオンナ」に似てますが、ハコオンナよりルールが単純で、初心者向き。
キャラもかわいくて子ども向き。

序盤はウサギ有利かと思いきや、仲間が一人ゾンビになごとに極端に不利になっていく。

声優が番組企画で作った作品ですが、ゲームとしての完成度は十分。
コンポーネントもしっかりしてて、リピートプレイやボドゲカフェに置くのにもおすすめ。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 午後茶午後茶
マイボードゲーム登録者
  • 19興味あり
  • 33経験あり
  • 3お気に入り
  • 33持ってる
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルウサこまはゾンビになりたくなくて困っています
原題・英題表記Usakoma ha Zombee ni Naritakunakute Komatteimasu
参加人数4人~8人(15分~40分)
対象年齢12歳から
発売時期2018年~
参考価格3,800円
クレジット
ゲームデザイン岡本 信彦(Nobuhiko Okamoto)堀江 瞬(Shun Horie)
アートワーク未登録
関連企業/団体未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿