マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

東京サイドキック 拡張セット第二弾 ボーダーラインTokyo Sidekick: Boder Line

正義とはなにか?悪とはなにか?「ヒーロープレイヤー」VS「警察プレイヤー」の対戦モード導入

リトルコズミック(ボードゲーム印刷会社リトルフューチャーのオリジナルゲーム制作レーベル)は、2019春に、人気シリーズ「東京サイドキック」の第二拡張セットを発売いたします。
当拡張セットは、基本セットのボードを使用します。
ボードが入っていないので、基本セットの1/4サイズの箱になります。
しかし、入れ替えられるアクシデントカードや新規キャラクター等の充実感をお届けします。
当拡張セットのテーマは「正義と悪の境界線」
今回のヴィランに悪人は1人もいません。
ヴィランもヒーローと同じように悪人を退治するために活動しています。
ただ、彼らの度を超えた正義が、東京の人々を恐怖と混乱に巻き込んでしまうのです。
どこからが正義でどこまでが悪なのか、ヒーロー達に投げかけてきます。
そしてそんな東京の人々をヒーローやヴィランから護るために「警察」がプレイヤーキャラクターとして戦います。
彼らは今まで東京サイドキックはプレイヤー全員で協力をしていましたが、警察をプレイヤーの目的は、ヒーローを逮捕すること。
そう「ヒーロープレイヤー」VS「警察プレイヤー」の対戦モードが実装されます。
警察はヒーローを捕まえるために走り回りながら、事件を解決し、ヴィランとも戦います。
ヒーローは警察に捕まらないようにしながら、事件を解決し、ヴィランと戦います。
そして強大なメナスの出現に、東京の街はどうなってしまうのか?
その目とその身体で体験してください。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
ゲームマーケット
2019春
東京サイドキック 拡張セット第二弾 ボーダーライン

正義とはなにか?

悪とはなにか?

「ヒーロープレイヤー」VS「警察プレイヤー」の対戦モード導入

この作品は、出展者によってゲームマーケット公式サイトと相互リンクされています。

http://gamemarket.jp/?post_type=game&p=135713
マイボードゲーム登録者
  • 14興味あり
  • 15経験あり
  • 5お気に入り
  • 44持ってる
テーマ/フレーバー
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見1
作品データ
タイトル東京サイドキック 拡張セット第二弾 ボーダーライン
原題・英題表記Tokyo Sidekick: Boder Line
参加人数2人~4人(45分~60分)
対象年齢12歳から
発売時期2019年~
参考価格3,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿