マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

いばらの姫と四人の騎士The Thorn Princess and the Four Knights

カナイセイジ氏がラブレターによって有名になる前の作品です。2004年同人版ではなく2006年正式印刷版での遊びました。退屈な生活に飽きてお城を抜け出した姫を連れ戻すべく、4人の騎士がいばらの城を舞台に競争を繰り広げます。姫を守りつつ姫のわがままにも答えてお城へ連れ帰りましょう。

3人(ゲイブリッツ、ディラック、ライアン)でプレイしたため、1人の騎士はNPCになるルールでした。

・勝利条件は姫のわがままを3つ以上達成した後に、姫を連れた状態で城門マスから脱出するです。

・姫は他の騎士との戦闘に負けると奪われてしまいます。また姫のわがままを1つ達成すると自分の手番は終了となるので簡単にゲーム終了には持ち込めません。

・探索の得意なディラックが城内のアイテムを探し出し、戦闘の得意なゲイブリッツが殴りかかって横からアイテムを奪い姫に渡す。ライアンはアイテムを地道に集めながらカードを温存している作戦でした。

・ゲイブリッツが3つ目の姫のわがままを達成する直前にアクションカードの効果により姫の怒りが爆発してゲームから脱落ムードとなり、手札を温存していたライアンが姫を獲得してその強力な特殊能力で逃げ切り勝ちとなりました。

ゲーム後の感想:

・ゲイブリッツに武力でまとわりつかれると他のキャラは厳しい。

・スペシャルカードを引けないと勝つのは難しい。(ディラックはゲーム中に1枚も引けなかった)

・姫と同行しているライアンは凶悪。


スゴロクからハンドマネジメントへボードゲームが変化していった流れを感じられる作品です。


ルール/インストのページにも紹介記事をあげました。

https://bodoge.hoobby.net/games/the-thorn-princess-and-the-four-knights/instructions/17205

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:PET
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 7経験あり
  • 1お気に入り
  • 10持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルいばらの姫と四人の騎士
原題・英題表記The Thorn Princess and the Four Knights
参加人数3人~4人(60分~80分)
対象年齢10歳から
発売時期2004年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインカナイセイジ(Seiji Kanai)
アートワーク未登録
関連企業/団体カナイ製作所(Kanai Factory)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 60
    名に参考にされています
    投稿日:2020年03月15日 18時13分

    カナイセイジ氏がラブレターによって有名になる前の作品です。2004年同人版ではなく2006年正式印刷版での遊びました。退屈な生活に飽きてお城を抜け出した姫を連れ戻すべく、4人の騎士がいばらの城を舞台に競争を繰り広げます。姫を守りつつ姫のわがままにも答えてお城へ連れ帰りましょう。3人(ゲイブリッツ、ディラック、ライアン)でプレイしたため、1人の騎士はNPCになるルールでした。・勝利条件は姫のわがままを3つ以上達成した後に、姫を連れた状態で城門マスから脱出するです。・姫は他の騎士との戦闘に負けると奪われてしまいます。また姫のわがままを1つ達成すると自分の手番は終了となるので簡単にゲーム終了に...

    PETさんの「いばらの姫と四人の騎士」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 28
    名に参考にされています
    投稿日:2020年03月15日 17時57分

    カナイセイジ氏がラブレターによって有名になる前の作品です。退屈な生活に飽きてお城を抜け出した姫を連れ戻すべく、4人の騎士がいばらの城を舞台に競争を繰り広げます。姫を守りつつ姫のわがままにも答えてお城へ連れ帰りましょう。城内マップの移動や探索によるアイテムそして戦闘解決の全てに同じ手札を使用します。限られた手札を上手く消費して自分の行動を決めなければなりません。騎士は4人それぞれ異なる能力を持ちます。自分の能力を生かした戦略を考える必要があります。①勇猛なるゲイブリッツ(能力:常に攻撃カードの数値に+3修正を得る。)②華麗なるアナベル(能力:移動時、羽マークを使用できる。)③聡明なるディラ...

    PETさんの「いばらの姫と四人の騎士」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿