マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 15分~30分
  • 4歳~
  • 2017年~
140
名に参考にされています
2018年08月04日 11時20分

 3歳児と、2人でプレイした感想です。

 タイニーパークやサフラニートをデザインしたマルコ・トイブナーが、ストーンエイジジュニアをカードゲーム化したものです。

 コンポーネントは、マンモスの駒と小屋カードと品物カードです。

 品物カードには、牙、槍の穂先、魚、壺、果物、オールマイティで使える犬の6種類があり、場に9枚を裏向きにして円周に並べます。残りのカードは山札にしますが、1番上のカードは表にします。

 小屋カードは、表面に3つの品物が記載されていて、その3つの品物を獲得するとその小屋カードを獲得できます。

 ゲームの勝利条件は、小屋カードを3枚獲得することです。

 ゲーム開始前に、小屋カードを各プレイヤーに1枚ずつ渡して、表向きにしてプレイヤーの前に置きます。

 そして、スタートプレイヤーを適当な方法で決めたら、マンモスの駒を場にある9枚の品物カードの好きな場所からスタートです。

 マンモスは、スタート場所から1から4歩まで進めることができ、進めた場所の品物カードを表に返します。

 その品物カードが、自分の小屋カードに記載されているものであれば獲得して、品物カードの山札から1枚その場に置き、山札の1番上のカードは、表にします。

 また、品物カードに記載されていなければ、裏返して元に戻します。

 これを繰り返して、小屋カードの記載されている品物カードを3つ揃えたら、新しい小屋カードを獲得でき、さらに品物カードを揃えていきます。

 なお、揃えた小屋カードと品物カードは、そのままプレイヤーの前に置いておきます。

 3歳児とのプレイでは、マンモスが前にしか進めないと言ってはいたのですが、なかなか理解しづらいみたいで、前後動けるようにしました。

 記憶力は抜群の幼児なので、すぐに品物カードを揃えて、小屋カードも3枚獲得して、3歳児の勝利となりました。

 3歳児は、マンモスの駒を動かすのが面白いらしく、私の手番でもマンモスを動かしておりました。

 こういうことも、段々と理解してもらうようにしていかなくてはなぁ…。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • くずてつ
  • ぽっくり
Nobuaki Katouさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 8経験あり
  • 1お気に入り
  • 8持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルストーンエイジジュニア:カードゲーム
原題・英題表記My First Stone Age: The Card Game
参加人数2人~4人(15分~30分)
対象年齢4歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Nobuaki Katouさんの投稿

会員の新しい投稿