マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~7人
  • 10分前後
  • 10歳~
  • 2018年~

ワンナイト人狼×ゆるキャン△しばけんさんのレビュー

78名 が参考
0名 がナイス
2ヶ月前

ゆるキャン△好きにはもちろん、人狼好きにもオススメ


人狼が好きなのと、ゆるキャン△のファンなので購入。

普段ボードゲームをしないゆるキャン△ 好きの友人たちと遊んでみました。

通常のワンナイト人狼と同じくサクッとプレイできる点や、デザインの可愛らしさ、原作ファンならわかるキャラの役職配分の面白さなどが友人からは評判良かったです。なので泊まり込みで遊ぶときとかによく持っていきます。


このゲームで個人的に良いなと思ったのが、やはりこのver特有の役職である"酔っ払い”の存在です。

酔っ払いは見た役職をコピーし、その陣営の勝利を目指す役職です。(交換された人もその陣営のまま、というのが怪盗との違いです)

このコピーがかなり盤面を荒らす要素になります。

「酔っ払いがいるかもしれない」という認識だけで推理が難しくなる点や、夜の手番の最後にコピーをするので犯人の場合仲間なのに互いを直接認知できない点が面白いなと感じました。

実際にプレイしてみて起こったケースとして、酔っ払いが犯人を交換して犯人サイドが増えたものの、上手くアピールできずに味方なのに票を入れられてしまう といったことがありました(笑)

このような予想外のゲームが繰り広げられるので、今後もプレイしていきたいなあと思いました。オススメです。

 

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
隊長
しばけん
しばけん
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 32興味あり
  • 62経験あり
  • 14お気に入り
  • 128持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルワンナイト人狼×ゆるキャン△
原題・英題表記One Night Werewolf Yuru Camp ver
参加人数3人~7人(10分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格2,000円
クレジット
ゲームデザイン奥井 晶久(Akihisa Okui)
アートワーク未登録
関連企業/団体株式会社スロウカーブ(Slow Curve)
拡張/関連元ワンナイト人狼(One Night Werewolf)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿